釘、ガラスが刺さったときの応急処置の方法

足に釘が刺さった時

足に釘が刺さった!気をつけたいのは、自分で手当ができる程度の傷なのかどうかを的確に判断すること。

 

釘,ガラス,刺さった,手当,応急処置,取り除き方,方法

 

1、深く刺さっているときは無理して抜こうとしない

釘は汚れている可能性が高いので化膿したり破傷風になったりする危険もあるので、傷が小さくても深く入ることがあるので病院で診察を受けましょう。

 

2、釘を抜くときは真っ直ぐに引き抜くこと

釘を抜くときは、刺さっている釘の向きに合わせて、ピンセットで真っ直ぐに引き抜くことが大切です。

 

3、抜いた後は血液を少し絞りだしておくこと

抜いた後は釘についていた細菌を体外に出すために、患部の周囲を軽くつまんで血液を少し絞りだしておくこと。

 

4、消毒して病院へ

絞りだしたら傷口は必ず消毒し、傷口には絆創膏を貼るか包帯を巻いておくこと。痛みがあるときは冷湿布します。小さい傷であっても病院で診てもらいまいましょう。

 

4、足の中に折れた先が残ってしまったときは病院へ

足の中に折れた先が残ってしまったときは、動かさないように注意して病院へいきます。病院では釘を見せてどんなところの釘か報告します。

 

スポンサードリンク

足にガラスが刺さった時

釘,ガラス,刺さった,手当,応急処置,取り除き方,方法

 

ガラスの破片が刺さった!

 

1、ガラスが深く刺さっていないかを確認すること。

ガラスは目に見えない細かい破片が残っている場合もあるのでよく確認しよう。

 

ピンセットを消毒して取り除く

取り除けるような小さい破片の場合は、ピンセットを消毒して取り除きます。取り除いたあとは必ず消毒してください。手当の後は必ず医師の診察を受けます。

 

ガラスの破片が残ってる場合

大きなガラスの破片が残ってる場合は、抜かないでそのままにして、周囲にガーゼなどを当てて包帯をし、至急病院へ行くこと。取り除くと出血が強くなることがあるので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 
TOP のどに異物が詰ったときは