切り傷の処置法

切り傷の処置法

切り傷,処置,化膿,早く治す,ラップ,判断,深さ,指,絆創膏

傷口はキレイに洗う
切り傷は感染を防ぐためにも、治療する前には水道水で傷口をキレイに洗います。

 

土や砂、鉄さびなど細かい異物などがある場合もあるのできちんと取り除くこと。

 

傷が浅いように見えても、傷口から細菌に感染して悪化することがあります。早く治すにはここの処置はきちんとしましょう。

 

消毒は控える
擦り傷でも同じことが言えますが、傷が浅い場合は消毒は控えましょう。

 

皮膚には化膿を防ぐ常在菌が多数いますが、消毒薬は治癒する細胞を傷つけてしまい、早く治すどころか傷の治りを遅らせてしまいます。

 

出血している場合は、傷口に清潔な布を当てて指や手で5分以上強く押さえて止血します。出血部は心臓よりも高い位置にして処置します。

 

傷口は乾燥させない
傷を早く治すには傷を乾燥させないことが大切です。傷から出る汁(滲出液)(しんしゅつえき)には、傷を修復させるという大切な役割があるのです。そのためなるべく湿った状態にしておくことが大切です。

 

指先などは傷を乾かさないタイプの絆創膏で保護します。傷口が大きい場所では、ラップを使って傷口を覆い、サージカルテープで止めて包帯で巻きます。傷口が深い場合は自己判断しないで早急に石の診察を受けてください。

 

スポンサードリンク


 
TOP のどに異物が詰ったときは