のどに異物が詰ったときは

のどに異物が詰ったときの応急処置

のど,異物,詰る,つかえ,応急処置,窒息,餅,子供,誤飲,手当て

のどに異物が詰ったときの応急処置を覚えておきましょう。

 

年末年始などお年寄りが餅をのどに詰らせて死亡する、といった窒息事故をよく聞かれると思いますが、一年中を通して他にもごはん、パン、飴、おもちゃなどがあります。

 

最近でもコンニャク入りのゼリーや学校の給食でパンを詰らせて死亡する事故も問題となりました。

 

のどに異物が詰ったときには、まず本人自身に強く咳をさせて異物を吐き出させましょう。のどの異物がとれないで呼吸困難のときには応急処置を試みます。

 

スポンサードリンク

異物が詰ると喉や胸につかえた異物感を覚える、咳き込んだり、窒息状態になったり、顔が青く唇が紫色になってきます。のどを詰らせた本人はパニック状態になっているかもしれません。周りにいる者は冷静に落ち着いて対処してあげてください。

 

のどに異物を詰らせたときの処置として、水や飲み物を飲むという行為があるのですが、 このことによって異物は奥へ、奥へと入りこんでしまうので、逆効果となるようです。できれば咳き込んで吐き出すようにするほうがよいのです。

 

応急処置のやり方

背部叩打法を行う
1、意識があり、咳が出る状態のときは、何度も咳をさせて、詰まったものを吐き出させる。

 

2、詰まったものを吐き出させやすいように、頭は胸よりも低くさせ、一方の腕で胸を支えて、もう片方の手で背中(肩甲骨の間)を4〜5回素早く叩く。

 

出ないときは腹部突き上げ法を行う
後ろから患者の脇の下から両手を回して、上腹部に握りこぶしを当て、一方の手で握りこぶしを上から握って、手前上方に突き上げるように圧迫する。
   (乳児、妊婦には絶対に行わないこと!)

 

呼吸困難で窒息状態のときには直ちに119番に通報し、指示、救護を仰ぎます。

 

応急処置には腹部突き上げ法背部叩打法があります。救急車が到着するまでにも一刻の猶予のないときですので、あわてないように異物が詰ったときの応急処置法を知っておきたいものです。

 

背部叩打法

まず背中をたたきます。傷病者の頭を下げさせてから後ろから左右の肩甲骨の間を続けて何度も叩きます

 

腹部突き上げ法(ハイムリック法)

腹部に圧迫を 与える方法です。傷病者の上腹部に後ろから腕を回して腕を組み、上腹部から胸部に向かって締め付けるようにします。

 

幼児、子供がのどに異物が詰ったとき

幼児、子供がのどに異物が詰ったときには背部叩打法を行います。子供をひざの上にうつぶせにして背中の中心を手の平で叩きます。腹部突き上げ法は行ないません。

 

スポンサードリンク

 
 

 
TOP のどに異物が詰ったときは