むずむず脚症候群の治療法

むずむず脚症候群の治療法

むずむず脚症候群は、鉄欠乏性貧血の場合に多く発症します。

 

この場合の治療薬は 鉄剤の補充で症状が軽減されることがあります。またドーパミン機能の促進剤を少量使用することでも効果があります。食事においても、レバーやほうれん草、あさりやイワシなどを意識して十分に食べましょう。

 

薬物治療の他、むずむず脚症候群の家庭での治療法としては、まず深い睡眠の妨害となるコーヒーなどのカフェインやアルコールの摂取は控えることです。

 

むずむず脚症候群にかかって最も困ることが、これが不眠の原因となる場合があることです。症状である、脚のほてりや痒み、虫が這うような感覚や痺れなどにより、眠れないことがあるからです。

 

不眠を避けるために、アルコールやカフェイン、タバコは控えましょう。特に夕方から夜にかけての摂取は良くありません。人によって温かいお風呂が効果的だったり、逆に冷たいシャワーが効果的なことがあります。

 

症状が軽い場合にはウォーキングなど適度な運動をしたあと、入浴中や就寝前 にストレッチやマッサージをして血行を良くし、筋肉をよくほぐすようにしましょう。激しい筋肉運動は、悪化させる原因ともなるので注意が必要です。鍼灸やカイロプラクティック の治療によっても効果があるようです。

 

前述のようにまだ専門医以外では勉強不足といえる医師が多いため患者や家族達にとっては情報不足の現状です。そのため「むずむず 脚症候群友の会」が発足され 知識を交換する場を公開されていますので参考にされてみてください。

 

 

スポンサードリンク