中耳炎の種類と症状

中耳炎の種類と症状

中耳炎,種類,症状,子供,頭痛,痛み,発熱,耳垂れ,大人,原因

中耳炎とは耳の中耳と呼ばれる部分(鼓膜や耳小骨周辺)に異常が起こる病気です。

 

異常が起こる原因によって、中耳炎は大きく4種類に分けられ、種類によって耳の痛みや発熱、頭痛、耳垂れなど症状も異なります。

 

中耳炎は子供に多いと思われがちですが高齢者に起こりやすい種類もあるので注意が必要です。

 

適切な治療によって完治は可能です。異常を感じたら早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。中耳炎は滲出性中耳炎、急性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎の4つの種類に分けられます。

 

スポンサードリンク

滲出性中耳炎の症状

鼓膜の奥に液体がたまるのが滲出性中耳炎で子供や高齢者に多いタイプです。耳やのどの炎症が原因で、耳管の機能が障害されたため中耳に液体がたまって滲出性中耳炎がおこります。

 

鼓膜の奥のために聞こえが悪くなったり(難聴)、耳が詰まった感じがします。痛みや発熱はありません、このため幼児や小さな子供の場合には気づくのが遅くなってしまいます。
  〈治療は薬物療法が主流〉

 

急性中耳炎の症状

細菌やウイルスが感染して炎症を起こしたが急性中耳炎です。大人もかかりますが、耳管が短い子供が圧倒的に多いタイプです。

 

最も多い症状は耳の痛みです。耳が激しく痛み、発熱や頭痛をともなうことも多く、耳が詰まって音が聞き取りにくいこともあります。気づかないうちに化膿が進んでうみが鼓膜を破って耳垂れとして出ることもあります。慢性化した場合には耳だれを繰り返したり、難聴が継続します。
  〈まず解熱鎮痛薬や抗菌薬の治療が行われる〉

 

慢性中耳炎の症状

耳垂れをたびたびくり返して鼓膜に穴が空いたままになって、難聴があるのが慢性中耳炎です。症状は耳垂れ、難聴などがあるが痛みはありません。中耳の炎症が内耳に及ぶと難聴がひどくなって、耳鳴りがすることもあります。
  〈まず解熱鎮痛薬や抗菌薬の治療が行われるが重い難聴がある場合は手術が必要〉

 

真珠腫性中耳炎の症状

鼓膜の周りの骨が壊されるため、重篤な症状をもたらすこともあります。血膿を含んだ耳垂れ、難聴、耳の痛みなどの症状があります。内耳まで破壊が及ぶとめまいを生じることも。進行すると髄膜炎になることもあるので、直ちに治療することが必要です。
  〈真珠腫を取り除く手術が行われる〉

 

スポンサードリンク