耳が痛いのはなぜ?原因と対処

耳が痛い病気

耳,痛い,原因,症状,外耳炎,中耳炎,腫れ,病気,治療法

耳が痛いといってもいろいろで、耳をさわると痛い、引っぱると痛い、さわっても痛くはないが耳の奥が痛む、 耳の後ろが痛むものがあります。

 

また痛みだけでなく化膿する、かゆみがある、耳だれが出る、発熱をともなう、などの症状があります。

 

代表的なのが細菌感染による外耳道炎と中耳炎によるものです。

 

スポンサードリンク

耳をさわると痛い・外耳道炎

耳をさわると痛い、耳を引っぱると激しく痛む。こんな症状の耳の病気は外耳道炎(外耳炎)です。 原因は耳のできものや異物によるもので早めに耳鼻科で治療しましょう。

 

外耳道というのは耳の穴のことで、耳かきで強引に引っかくうちに傷つけてしまい、不潔な指でさわったり プールなどで耳に水が入り細菌感染をすることが原因で外耳道炎を引き起こし、耳の入り口や耳の中に おできができて腫れたり痛んだりします。

 

外耳道炎の症状は、最初は耳の中のかゆみのような違和感からだんだんと激しい痛みとなっていきます。 おできのように腫れてしまい、ちょっと耳を触っただけでも痛みを感じたり熱っぽく感じるように進行し、寝返りを打てなくなったり口を開けるだけるのもつらい状態になってしまいます。

 

治療法ですがまず患部を清潔にすることが大切です。耳鼻科で軟膏や点耳薬を処方してもらいます。おできの腫れがひどく膿瘍が出ている場合には切開することもあります。

 

耳の奥が痛い、耳の後ろが腫れる・急性中耳炎

急性中耳炎は大人よりも子供に多い耳の病気です。原因はインフルエンザやおたふくかぜなど細菌感染によってのどや鼻から中耳に細菌が侵入して 引き起こされます。

 

赤ちゃんは口で訴えることができませんが不機嫌になって泣きやまなかったり、頭を振ったり、耳の後ろを触ると 泣き出したり、また耳だれが出てきて気づくことが多いようです。

 

急性中耳炎のときは耳の奥が痛み発熱をともないます。 耳をさわっても痛みはひどくなりませんが、夜になるとずきんずきんと激しく痛むことが多いようです。気づかないうちに化膿がすすむと中耳に膿がたまり耳の後ろが腫れて痛みます。

 

治療法は耳鼻科で抗菌薬、鎮静剤、点鼻薬を処方してもらいます。激しい痛みや膿がたまっているときは鼓膜を切開することになります。夜に痛み出すことが多いので、病院へは朝になるまで待つしかないのでしょうが、そのときは慌てず鎮痛剤を飲んで対処しましょう。
          ⇒  中耳炎の種類と症状

 

スポンサードリンク