メタボリック検診

メタボリック検診について

メタボリック検診が義務化されましたね。メタボリックシンドロームという名も今ではすっかり定着されました。

 

メタボリックシンドロームの診断基準では生活習慣病の なかの内臓脂肪蓄積型の肥満に高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上の項目を満たすものを「メタボリックシンドローム」といいます。

 

メタボリック検診の義務化とは、企業の健保組合は40歳以上の加入者に対し特定健診を受けさせ診断、改善指導を行なうものです。

 

メタボリックは動脈硬化を加速させ、心筋梗塞や脳梗塞の原因ともなるものですが、肥満は自力ではなかなか改善するのは難しく、いずれ医療費を圧迫していく懸念があるため早急の予防対策が必要となったのです。

 

メタボリック検診を行なわない健康保険組合には助成金が出なくなりますし、5年後には受診率が悪かったり、改善の保険指導してもメタボリックの減少率が基準値に達しない場合には罰則(罰金が)が実施されます。

 

メタボリック検診の判定基準はウエストの周囲が男性は85cm以上、女性が90cm以上の人は内臓脂肪蓄積型の肥満とし、
腹囲にかつ中性脂肪が150r以上、またはコレステロール40r未満。
最高血圧が130oHg以上または最低血圧が85oHg以上。
空腹時血糖110r以上。

 

各項目の数値が届かなくても高血圧や糖尿病など薬物治療を受けている場合もチェック要因です。

 

メタボリック検診によってメタボリックと診断された人、あるいは予備軍の人はレベルによって振り分けられ保健師や管理栄養士による面接を受け、食事や運動指導を受けることになります。

 

レベルの最も重い積極的支援レベルともなると指導は3ヶ月から半年にもかかってしまうので、今回メタボリック検診を受け、ギリギリその対象にならなかった人は特に自己管理 が必要ともいえます。

 

メタボリック対策

メタボリック対策には肥満気味の人は内臓脂肪を減らすためのダイエットが必要といえます。

 

肥満の人は高血圧になる危険性が高いといわれているので、規則正しい食生活や高 エネルギー、高脂肪を控え、タンパク質やビタミンが不足しない食事療法や有酸素運動を取り入れた運動療法を習慣化させ内臓脂肪を減らすよう努めましょう。

 

また動脈硬化を進行させる要因でもあるタバコはメタボリックのリスクが高くなるといわれているので禁煙を心がけましょう。

 

 

スポンサードリンク

 


メタボ検診