名刺の渡し方

封筒の表書きと裏書きの書き方

手紙を書くとき、表書きや裏書き、縦書き、横書きなど知っておきたいマナーがあります。

 

相手の手元に残ってしまう手紙だからこそ、書き方には注意を払い好印象を与えるように基本を覚えておきましょう。

 

 

 

封筒の表書きの書き方

和封筒の表書き・縦書き

 

住所は封筒の右端を1cm以上あけて1〜2行で書きます。できるだけ1行で書くのが基本。

 

2行になってしまう場合は1行目よりも1文字分下げてやや小さい字で書きます。このとき番地の途中で改行はしないこと。

 

郵便番号が正確であれば市町村名を省いても手紙は届けられますが、都道府県名から書くのが正式です。数字は漢数字で書くのが基本です。

 

宛名は住所より少し下げて書き始め、大きな文字で封筒の中央に書きます。敬称は、企業や団体なら「御中」、個人なら「様」、連名の場合はそれぞれに敬称をつけます。

 

切手は封筒の左肩にまっすぐに貼ります。できるだけ規定料金のもの1枚に。多くても3枚以内。

 

 

洋封筒の表書き・横書き

 

洋封筒であっても原則では目上のかたには縦書きにします。横書きにする場合は封筒の開封口を上にして、宛先を左から書き始めます。

 

住所、宛名は封筒の上半分に書きます。住所を書くときは1〜2行にまとめます。宛名は封筒のやや中央になるようにバランスを整えます。

 

郵便番号は左上に書きます。「〒」は省いてもかまいません。切手は左上に貼ります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

封筒の裏書きの書き方

和封筒の裏書き・縦書き

 

差出人の住所、氏名は封筒の継ぎ目の左に寄せて書きます。文字の大きさは宛名よりも小さな文字で、氏名は住所よりも大きめに書きます。

 

郵便番号も忘れずに記入します。日付を書くときは住所の左上にやや小さく漢数字で書きます。

 

封をするときはホチキスやセロテープは禁物。糊付けが正式です。封じ目は必ず「〆」「締」「封」を使用します。

 

 

和封筒の裏書き・横書き

 

差出人の住所、氏名は封筒の下3分の1に収まるように書きます。日付を記入するときは、半分よりも下部分の空いたスペースに書きます。

 

横書きの場合は封じ目の「〆」は省いてもかまいません。親しい相手であればシールを利用してもかまいません。ただし洋封筒でも縦書きにする場合は「〆」は必要です。

 

 

スポンサードリンク


TOP 名刺の渡し方