ビジネスで!人を紹介する順番

ビジネスで人を紹介する順番

ビジネス,紹介,順番,目上,目下,年上,年下,自社,他社

ビジネスシーンでは人を紹介するすることがよくあります。

 

紹介の基本パターンは

 

「目上の人に目下の人を紹介する」

 

「年上の人に年下の人を紹介する」

 

「他社の相手に自社の人間を紹介する」などです。

 

相手に失礼のないように紹介する順番をしっかりと覚えましょう。

 

ビジネスの場では社外の人に対して自社の人間には敬称はつけません。たとえ社長であっても謙譲語で話すのがマナーです。

 

自社の人間を他社の相手に紹介する順番

自社の人 他社の人
役職の低い人 役職の高い人
年下の人 年上の人

自社の人間を他社の相手に紹介するときは、先に自社の人を紹介します。
複数いる場合は役職の低い人、地位の低い人から紹介します。

 

他社の人同士を紹介する順番

自分を介して他社同士を引き合わせる場合では、例えば下請けの会社と取引先であれば、下請けの会社の人から紹介します。

 

同等の会社同士であれば、役職の低い方から紹介します。役職がわからない場合では年齢が若い人から、または自分とより親しい人から紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 



TOP 名刺の渡し方