正しいおじぎの仕方

正しいおじぎの仕方

おじぎ,お辞儀,仕方,挨拶,基本,マナー,正しい,立礼,座礼

お辞儀は中途半端に行うとみっともないものです。
また何度も頭を下げるのもいただけません。

 

挨拶に伴うおじぎは1回を原則とします。
おじぎには3つの種類があるので正しいおじぎのやり方を覚えて上手に使い分けていきましょう。

 

日本ではお辞儀は「三息の礼」とも呼ばれています。息を吸いながら頭を下げ、下で息を吐き、息を吸いながら頭を上げます。挨拶の言葉を発した後(息を吐いた状態)にお辞儀をするのが基本のため、息を吸いながら頭を下げるということになるわけです。

 

 

スポンサードリンク

 

お辞儀の種類
出社や退社時、すれ違う時など軽く挨拶するときのお辞儀は会釈
お客様の送迎時や訪問先で部屋へ通されたときの一般的なお辞儀を敬礼
感謝や謝罪など最もていねいなのが最敬礼です。

おじぎの仕方

座礼、立礼ともお辞儀をするときは、背筋を伸ばして頭は下げ過ぎないように、あごは上げないで上体を前に傾けます。おじぎは立って行う立礼と座って行う座礼がありますが、それぞれに会釈、敬礼、最敬礼の3種類あります。

 

おじぎ,お辞儀,仕方,挨拶,基本,マナー,正しい,立礼,座礼会釈のときは上体を15度ほど傾けます。
 立礼・・両手は前に寄せ視線は足元より少し前方に。ゆっくり行うときれい。
 座礼・・両ひざに乗せていた手を指先がひざ前で畳に触れる程度に軽く傾ける。

 

おじぎ,お辞儀,仕方,挨拶,基本,マナー,正しい,立礼,座礼敬礼のときは上体を30度ほど傾けます。
 立礼・・両手が太ももの真ん中までくるくらいに。目先は1メートル先くらい。
 座礼・・上体を倒し畳に指が中ほどまでつくくらいに傾ける。

 

おじぎ,お辞儀,仕方,挨拶,基本,マナー,正しい,立礼,座礼最敬礼は45度〜60度くらいまで上体を傾けてお辞儀をします。
 立礼・・姿勢を正し、ゆっくりと傾ける。目線は真下を見る。指先が膝頭のうえにくる。
 座礼・・手のひらを畳につけてゆっくりと傾ける。頭と畳の間隔は15p〜20p程度。

 

 

スポンサードリンク


TOP 名刺の渡し方