名刺の渡し方

休暇届、欠勤届の提出の仕方

職場では病気や怪我でやむを得ず会社を休むときには届け出が必要です。

 

上司に口頭で連絡するだけでなく決められた届出用紙を提出しなくてはなりません。

 

病気や怪我のときは「欠勤届」、有給休暇や特別休暇をとるときは「休暇届」を提出します。

 

いずれも会社指定の届出用紙がある場合が多いので確認し用紙に必要事項を記入し提出します。

 

提出期限は必ず守ります。休暇の場合は事前に提出し、欠勤届は事前に予定されている場合は前日までに提出します。急な場合は回復して出社したら直ちに提出します。

 

欠勤理由はわかりやすい用語を用いてできるだけ具体的に明記し、早く届け出ることが大切です。

 

迷惑をかけたまわりの職場の人にも謝りましょう。職場にはいろいろな人がいますから早急に対応することでトラブルを回避することができます。

 

病気が長引いて一週間以上の欠勤になる場合には医師の診断書が必要なこともあります。また、病欠の場合は欠勤ではなくて有給休暇で提出できる場合もあるので総務部に確認しましょう。

 

休暇届けには年次有給休暇、産前産後休暇、生理休暇、育児休暇、介護休暇、特別休暇などがあります。

 

年次有給休暇はいつでも取得することができます。休暇の目的には特に制限されることはなく、旅行や病気などで自由に利用することができます。

 

ただし会社側にとって多忙な時期に当たる場合には別の日に変更しなければなりません。

 

 

スポンサードリンク

 

 


TOP 名刺の渡し方