名刺の渡し方

電話をかけたが相手が不在だったときの対応

電話,不在,対応,かけ直し,伝言,折り返し,急用,緊急,話し方

 

ビジネスでは電話をかけたとき相手が接客中や外出中などですぐに電話にでられないことがあります。

 

こちらから電話をかけた場合は、改めて電話をかけ直すのが基本です。

 

ただし急用の用件の場合、緊急の度合いによって伝言を頼む場合や折り返しの電話をもらいたい場合が生じてくるでしょう。

 

電話をかけたとき、相手が不在のときの話し方や対応の仕方を紹介します。

 

 

 

急ぎの用件でない場合は、改めてかけ直すと伝える

「急ぎの用件ではありませんので、改めてご連絡をさせていただきます」

 

相手の予定を尋ねてかけ直す場合

「何時頃お戻りになりでしょうか?」「では、そのころにまたお電話いたします」

 

急用の用件で伝言を頼む場合

「恐れ入りますが、ご伝言をお願いできますでしょうか?」

 

伝言を伝えたときには、伝言を受けた相手の名前を聞いておきます。
「失礼ですが、お名前をお教えいただけますでしょうか」

 

先に聞いてて控えるのを忘れた場合はもう一度聞きます。
「恐れ入りますが、もう一度お名前をお教えいただけますか?」

 

折り返し電話をもらいたい場合

急用であり直接用件を伝えたい時は、相手に折り返し電話をお願いします。
「恐れ入りますが、お戻りになりましたらご連絡くださいますよう、お伝えください。よろしくお願いいたします」」
念のために自分の会社名、氏名、電話番号を伝えておきます。

 

緊急の場合

緊急の用件のため、すぐに折り返し電話をお願いするときは、取り次ぎの相手に丁重にお願いします。
「恐れ入りますが至急に連絡をとりたいので、携帯電話へご連絡いただけませんでしょうか」

 

相手から折り返しの電話がかかったら一言詫びます。
「お忙しいところ、大変申し訳ありません」

 

 

スポンサードリンク

 



TOP 名刺の渡し方