電話のかけ方のマナー ビジネス

電話のかけ方のマナー

電話のかけ方,マナー,基本,手順,緊急,携帯電話,自宅

ビジネスシーンでの電話の応対は、自分が会社の代表として話すという意識が必要です。

 

相手の表情が見えない分、不愉快を与えないよう態度や話し方に注意をしましょう。

 

電話をかけるときは、緊急以外は食事時間や夜遅くならないように時間帯も気をつけること、そして相手の都合を確認して話し始めます。

 

電話のかけ方の基本、携帯電話にかけるとき、自宅にかけるときの対処法を紹介します。

 

 

 

電話のかけ方 基本的な手順

電話のかけ方,マナー,基本,手順,緊急,携帯電話,自宅1、電話をかけて、相手が出たら名乗ります。
「(社名)の○○と申します。いつもお世話になっております」

 

電話のかけ方,マナー,基本,手順,緊急,携帯電話,自宅2、担当者を指名します。
「恐れ入りますが、○○部の○○様はいらっしゃいますか」

 

電話のかけ方,マナー,基本,手順,緊急,携帯電話,自宅3、担当者が出たら自分から名乗ってあいさつをします。
「○○の○○です。いつもお世話になっております」

 

電話のかけ方,マナー,基本,手順,緊急,携帯電話,自宅4、用件を伝えます。
用件は前もってまとめておきましょう。長くかかる場合は「お時間はよろしいでしょうか」と相手の都合を確認します。

 

電話のかけ方,マナー,基本,手順,緊急,携帯電話,自宅5、礼を言って電話を切る
「お忙しいところありがとうございました。失礼いたします」とお礼を述べて電話を切ります。一般的には電話はかけたほうから切ります。得意先の場合は、先方が受話器を置いたことを確認してから、静かに受話器を置きます。

 

緊急な用件で、相手の携帯電話や自宅に電話をかけるときは?

相手の携帯電話にかけるとき
名前を名乗り(◇1)、相手の都合を確認します。携帯電話にかけたことにお詫びの言葉も添えておきます。
「今、お話してもよろしいでしょうか」「外出先にまでお電話して申し訳ありません」

 

夜、自宅にかけるとき
「ご自宅にまでお電話して申し訳ありません」
「夜分遅くに申し訳ありません」

 

 

スポンサードリンク


TOP 名刺の渡し方