便箋の折り方と封筒への入れ方

便箋の折り方と封筒への入れ方

 

封筒に手紙を入れるときの便箋の折り方にもマナーがあります。

 

和封筒の場合

便箋は3つ折りに折るのが正式なやり方です。
便箋を下から3分の1ほど折り、次に上の3分の1を折って重ねます。

 

和封筒への入れ方は、手紙の書き出し部分が封筒の開口部分になるように入れます。

 

 

洋封筒の場合

便箋は左右を合わせて2つ折りにします。次に上下を折って4つ折りにします。

 

洋封筒に入れるときは、書き出し部分が封筒の開口部分にくるように入れます。封筒を開けたとき、折り目だけが見えるようには入れないこと。

 

 

洋封筒の封じ方
洋封筒であっても目上の方に出すときは縦書きが正式です。

 

横書きでは封じ目は省いてもかまいませんが縦書きのときには必ず「〆」が必要です。慶事のときは「寿」を使います。

 

ところが洋封筒を封じるとき、慶事・一般の場合と弔事では封じ方が逆になるので注意が必要です。左側から右に閉じるのは「不祝儀重ね」といって弔事の場合にだけ使われます。

 

 

スポンサードリンク

 



TOP 名刺の渡し方