名刺の渡し方

名刺の渡し方と受け取り方

名刺,渡し方,交換,同時,やり方,受け取り方,複数,名刺入れ,上司,紹介

ビジネスでは名刺はその人の顔とも言えるものです。

 

名刺を渡すときも受け取るときも、丁寧にあつかいましょう。

 

名刺交換は片手?両手?名刺の向きは?

 

名刺交換にも作法がありますのでやり方はしっかりマスターしておかないと、いざというときに慌ててしまいます。

 

名刺の渡し方、受け取り方

「名刺の渡し方」はまず目下の人が先に差し出すのが原則です。

訪問先で名刺交換する場合には担当者が来る前に名刺入れを用意しておきます。
           ↓
訪問した場合は自分から相手に近づき、相手の正面に立ちます。
名前を名乗りながら両手で差し出します。そのときに名前が先方に向くように、社名は隠さないように渡します。
           ↓
相手の名刺は必ず両手で受け取ります。「失礼ですが何とお読みするのでしょうか」と尋ねてもかまいません。

 

相手の人に先に出されたり、名刺交換が同時になってしまった場合
相手の名刺よりも下に出しながら、右手で差出し、相手が受け取ってから 「片手で失礼します」と言いながら左手で受け取り、両手で持ち直します。
または、「ありがとうございます。お先にいただきます」と先に受け取り、自分の名刺を差し出します。

 

相手やこちら側が複数いる場合
名刺を渡す順序は上司からとなります。下の者は上司の名刺交換が終わったあとに名刺交換を行ないます。他社を訪問した際での名刺交換は訪問した側から名刺を先に出します。

 

応接室に通されて待っている場合
席に座った後に相手が入室してきた場合には必ず立ち上がってから交換します。上司が同行しているときにはまず上司を紹介してからの交換となります。

 

                            ⇒名刺の扱い方

 

スポンサードリンク


TOP 名刺の渡し方