結露を防ぐ

結露の原因と対策

結露,防ぐ,対策,原因,窓,カビ,壁,湿度,温度差,マンション

結露を防ぐにはまず原因を知ることが大切です。

 

冬の朝、起きると窓に水滴が付いていますよね。室内外の温度差が大きくて湿気が多いと窓ガラスや付近の壁や床に水滴が発生します。これが結露です。

 

身近なしくみでは冷たいコップに暖かい空気がふれると水滴がつくのと同じです。

 

結露の原因

冬は灯油やガスファンヒータの暖房器具を使うために部屋は暖かく湿気は高くなっています。でも窓や壁付近は外気の温度は低いために空気中の湿気が水滴となってしまいます。

 

結露の原因は他にもお風呂場や台所の湿気や洗濯物の室内干しなどがあります。

 

それぞれで結露を防ぐ対策をしっかりとおこないましょう。放置しておくと被害はひどくなります。

 

窓ガラスの結露はカーテンにも水滴が付いてしまうのでいつのまにかカビが発生しており、また窓の付近の壁やフローリングもカビが発生し、アレルギーの原因になって健康被害が出る恐れがあるので結露を防ぐ正しい防止策や予防策が必要です。

 

スポンサードリンク

結露を防ぐ方法

簡単な結露を防ぐ方法は、まず換気です。マンションは鉄筋コンクリートで作られているので一般の住宅よりも気密性が高く空気の流れもほとんどないために自然換気がされません。

 

定期的に窓を開けたり、除湿機を利用しましょう。押入れやクローゼットは晴れた日には扉を開けておき、湿気がとくに気になるようなら扇風機を回しておくようにします。お湯を沸かしたり調理をするときには必ず換気扇を回します。これはお風呂場でもおなじですが、できれば夜寝ている間も、換気扇を回しっぱなしにしておくといいです。

 

結露を防ぐには暖房器具の見直しも必要となってきます。ガスファンヒーターなど燃焼タイプのものは燃焼中に水蒸気を放出させます。できればエアコンや床暖房、電気ストーブがおすすめです。

 

そうもいかないという場合、暖房器具を止めたあとはしばらく窓を開けたり、換気扇をまわしたりする対策が必要です。加湿器も避けるほうがいいです。

 

また結露を防ぐには洗濯物を室内に干さないようにすることも大切です。どうしてもというときはお風呂場に干して換気扇を回すようにしましょう。窓のある部屋で日光を当てたいときにはその部屋の換気扇か、扇風機を回しながら干すといいですよ。

 

結露を防ぐグッズ

結露を防ぐグッズも数多く販売されていますので上手に利用していきましょう。窓ガラスにできた結露はすぐに雑巾でふき取りますが、これが意外と手間なもの。便利で簡単なのは窓ガラスの結露や浴室の天井や壁の水滴を取るワイパーがあります。

 

また普段は防止パネルや断熱シートを窓に貼っておけば、室内外の温度差を小さくして結露を防ぐことができます。窓枠に貼っておくタイプの給水テープは結露の水滴を吸い取ってくれますし、また窓際に設置して冷気を防ぐウインドクリアヒーターは窓面の結露予防になる商品です。

 

スポンサードリンク