肩こりの症状とは/頭痛・めまい・吐き気

肩こりの症状とは/頭痛・めまい・吐き気

肩こりと頭痛

肩こり,症状,頭痛,首,目の疲れ,吐き気,疲労,慢性,痛み,しびれ

肩こりになったとき頭痛を訴える人は多いようです。

 

無理な姿勢を長時間続けていると、肩や首まわりの筋肉が疲労し血液の流れが悪くなります。

 

このような肩付近の筋肉の疲労、衰えが原因で肩こりとなります。そして肩こりが原因となって起こる頭痛を「緊張型頭痛」「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」と言われたりします。

 

頭痛を感じる人の多くが実はこれらの頭痛だといわれているので、頭痛がしたときにはまず肩こりからきたものと疑ってもいいかもしれません。 慢性化していて肩こりが原因だと気づかない人もおられるかもしれません。


頭痛にも軽い症状の場合から重い場合も ありますが、頭痛がして肩こりや首まわりの筋肉が固く張って痛みやこわばり(しこり)などがあれば 軽くほぐしていくことで頭痛も軽減されることもあるので試されてみてください。

 

スポンサードリンク

肩こりとめまい・吐き気

肩こりと頭痛が激しいときに、吐き気めまいを感じる場合があります。 長年の肩こりが慢性化していまうと、痛みにもなれて積極的に対策に講じない場合も多いようです。

 

「肩こり」というものはなかなかあなどれないもので、肩こりが原因で様々な症状がおこり、 その場合にはマッサージしたりストレッチを取り入れて改善の方向に向かうことも多いものですが、逆に内臓疾患が原因で肩こりの症状が現れるものもあります。

 

吐き気やめまいの場合には、肩こりだけを原因に考えていると治療が遅れる場合もあるので なかなか症状が改善されないときには他の病気を疑う必要があります。肩こりのほかに、頭痛、めまい、吐き気、手のしびれなどの症状が続く場合は、 すぐに病院で診察してもらってください。

 

肩こりと目の疲れ

肩こりと目の疲れを同時に訴える人は パソコンや読書などで長時間同じ姿勢をしていた、細かい文字を読み取る作業をしていたという場合が多いようです。これは肩や首まわりの筋肉が緊張した姿勢で負担がかかってしまったこと、目の疲労が原因によるものと考えられます。

 

一晩ぐっすり睡眠をとればある程度は目の疲れは解消されるでしょうが、「眼精疲労」といった重症な場合、 目の疲れ、肩こりなどは解消されません。 眼精疲労であれば目の周りをマッサージしたり、温めたおしぼりで目を覆って血行を良くすることで症状が軽減されるようですが、早めに眼科医の診察を受けるようにしましょう。<

 

肩こりとその他の症状

肩こりによって耳鳴りがする場合、また手や腕にしびれを感じる場合もあります。 これらの症状も肩こりを改善することで緩和されるものも多いのですが、手や腕にしびれは老化現象によって、骨と骨の間にあるクッションの役目をする椎間板が低下したり、筋肉が弱まって負担が生じてしまうことがあります。気になる場合には医師に診察してください。

 

耳鳴りも肩こり以外にも疲れや睡眠不足、ストレスが原因であったり、 メニエール病や、脳腫瘍、心臓、血管の異常など早めに医師の診断を受けたほうが良い病気も考えられます。

 

また心臓病も多くの場合、左の肩や背中に強い痛みが生じるようです。 普通ではない肩こりであった場合にも、やはりすぐに病院へ行って医師の診断を受けてください。

 

スポンサードリンク