肩こりに効果的な湿布

肩こりに効果的な湿布

肩こり,湿布,冷湿布,温湿布,血行,貼り方,効果,持続時間

肩こり解消グッズが数多く販売されてますが、今でも湿布薬を愛用中!という人は多いと思います。

 

湿布薬は経皮吸収剤といって、表皮に貼ってその下の組織に薬剤が浸透し血行が促進されます。

 

湿布薬には冷湿布温湿布の2種類ありますね。違いを知ってますか?実はどちらも患部の血流を良くするものなので大きな効果の差というのはないのだそうです。

 

サリチル酸メチルなどの消炎鎮痛成分に冷感や温感の刺激成分を配合されています。

 

スポンサードリンク

冷湿布は冷たいと感じる神経を刺激して痛みを和らげるもので、たとえば寝違えなどの急激な痛みに貼ると心地よく感じます。

 

温湿布は皮膚を刺激して血管を拡張させて血流を促します。慢性的な肩こりに適している湿布薬です。

 

寒い時期だと、冷湿布を貼ると「う〜冷たーい!」となってしまうので温湿布のほうがいいかもしれませんし、肩こりには温めて血行を良くすればコリが和らぐからといっても、夏には不向きかもしれませんし。

 

どちらも患部の温度を大きく買えるものではなく、寒い時期には温湿布、暑い時期には冷湿布と、季節や使用感など好みで使い分ければいいわけですね。ただし、打撲やぎっくり腰などは患部に熱をもっている場合には冷シップを貼ります。 「炎症には冷湿布」ですよ。

 

効果の持続時間は貼ってから4時間ぐらいでそれ以降は薄れてきます。一日中貼っている人も多いかもしれませんが、効果はないということです。それよりかぶれてしまうことがあるので、皮膚の弱い人は注意しましょう。

 

貼るタイミングですが、お風呂上がりの血行が良くなったときに貼るのがベストです。もちろん、コリや痛みを感じたときににすぐに貼ると効果的です。

 

ひどい肩こりの人は、インドメタシンなどの成分が入った湿布薬があります。

痛みや炎症を抑える消炎効果や鎮痛効果の高いのが特徴です。肩や首の痛みが強く、症状を抑えることを優先させたいときに適しています。

 

貼るタイプの湿布薬はポピュラーですが、最近は塗る湿布も人気です。肩だと貼るタイプより手軽ですからね、私も昼間は塗るタイプ、夜は貼るタイプと使い分けて使用しています。

 

スポンサードリンク