胸郭出口症候群の症状 肩や首の痛み、腕のしびれ

胸郭出口症候群の症状 

左右両方の肩が凝る、痛む、そして首や腕のほうにも痛みやしびれがありますか?

 

肩こりの多くは筋肉疲労による血行不良からくる肩や首の痛みですが、中には血管や神経が圧迫されて肩こりが現れるものがあります。

 

胸郭出口症候群とは

胸郭出口とは、鎖骨と第一肋骨の間をいいます。この周囲は、太い血管や神経が密集しているため、胸郭出口が狭くなると、神経や血管が圧迫されて肩こりやしびれ、首の痛みなど様々な症状が起こります。

 

原因

痩せていてなで肩の、20〜30代の若い女性に起こりやすいといわれています。これは筋肉が弱いため、腕の重さによって腕の神経が胸郭出口で引っ張られるためです。

 

男性の場合は中高年でいかり肩で首の短い人がなりやすく、血管や神経が圧迫されて血行不良などを起こすのが原因とされています。

 

症状

肩こりや首のこわばり、痛み、腕のしびれ、だるさなどの症状が慢性的に繰り返され徐々に悪化していきます。また顔面のしびれや、頭痛、吐き気、めまいなどを起こすこともあります

 

治療・改善法

温熱療法や運動療法が中心で、症状に応じて消炎鎮痛剤などが使用されます。日常生活では重い荷物を持つことを避けたり、首に負担がかかる動作を避けることで症状は改善されます。

 

首や肩の筋肉を強化する運動療法、肩甲骨を動かすストレッチはどこでも手軽に行うことができます。両手を後頭部で組んで、肘を開いたり閉じたり繰り返す運動です。肩こりや五十肩の予防にも取り入れられています。

 

 

スポンサードリンク