慢性的な肩こりは「集中的に温める」

慢性的な肩こりは肩周辺を集中的に温める

肩こり,温める,家庭,手軽,カイロ,場所,温めると痛い

慢性的な肩こりや肩の痛みは、筋肉の緊張による血液障害といわれます。

 

肩周辺を温めると、筋肉の緊張がほぐれ、血管が広がって血流が増えます。すると血管内に停滞していた老廃物が排出されて肩のこりや痛みが改善されます。

 

治療としては極超短波療法やホットパック療法、赤外線療法、パラフィン療法などが行われますが、家庭でも手軽にできる温熱療法があります。

 

スポンサードリンク

家庭で手軽にできる温熱療法

蒸しタオル、シャワー、使い捨てカイロ、温湿布薬。ドライヤーなどで15〜30分ほど肩を集中的に温めます。

 

蒸しタオル

患部に乾いたタオルを置き、その上にポリ袋に蒸しタオルを入れて当てます。蒸しタオルは水に濡らして絞ったタオルを電子レンジで1分ほど加熱します。

シャワー

シャワーの水圧でマッサージ効果も得られます。熱めのシャワーを患部に当てましょう。

使い捨てカイロ

服の上から当てます。長時間当てると低温やけどを起こす恐れがあるので注意すること。

ドライヤー

温風を一箇所に集中しすぎないように動かしながら当てます。

温湿布薬

温湿布にはトウガラシエキスなどが含まれているため、長時間貼り続けるとかゆみやかぶれなどを引き起こすことがあります。

 

 

慢性的な肩こりは温めることでコリや痛みが改善されます。温めると痛いと感じる場合は、患部が炎症を起こしている可能性があるので直ちに中止します。

 

寝違えなど急激な痛みの場合は、発生直後は冷湿布などで冷やすと心地よく感じるでしょう。ただし長時間冷やし続けると、血流が悪くなるので、痛みが緩和されたら温めましょう。

 

スポンサードリンク