簡単な肩こり・首こり解消法

肩こり・首こりの解消方法

肩こり,解消,パソコン,首こり,簡単,原因,体操,ひどい,改善,,ストレッチ,ストレス

肩こりは首から肩、その周辺の筋肉の疲労のために生じます。

 

重い頭を支えたり両腕をさげている肩や首はつねに負担がかかっている状態といえます。

 

机に長時間向かっての仕事やパソコンなど無理な姿勢を続けていると肩や首の筋肉が疲れ、血液の循環を悪くして、肩こりや首こりが起こってしまうのです。

 

これは病気とはいえず、簡単なマッサージやストレッチ、軽い運動でこりをほぐすことで対処できます。

 

スポンサードリンク

 

筋肉疲労の肩こり解消法/簡単な体操
長時間同じ姿勢でいないこと、肩を回したり、背中を伸ばしたり軽い体操をするだけでも改善できます。

《デスクワークの合間にできる肩こり体操》
@首をすくめるように肩を持ち上げて力を入れる

A肩を下げて力を抜く

B数回繰り返す。

これを続けることで血流を良くし、肩こりの予防にもなります。

 

肩こりの症状はだるい、重いなどの疲労感や違和感を感じるものから筋肉の痛み、頭痛、吐き気、しびれを感じるものまで様々です。

 

最近は若い人でも肩こりが増えていますが、これは姿勢が悪い、高いヒールの靴、運動不足、そしてストレスなどが原因のようです。妊娠初期で肩こりを感じる 場合でも、つわりの時期で不安やストレスもあって肩や体に力が入り血行障害を起こすためともいわれます。

 

ストレスでの肩こり解消法

・アロマ

・ぬるめのお風呂に入り、肩まで浸かって温める

・熱いシャワーを肩に当てる

・温めたタオルを肩に置く

慢性化しないうちに症状の軽いうちに治しておきたい肩凝りですが、急性に症状が出てつらいときには、頭痛、肩こり痛の鎮痛薬の飲み薬や塗り薬、湿布薬を使用して ゆっくり休養しましょう。

 

家族の誰かに肩もみしてもらってもずいぶん楽になるものです。肩こりの肩や首すじの堅く張っている部位やつぼを強めに押したりつまんだりして筋肉をほぐします。一人でも片方の肩づつやってみてください。あまり強くしすぎたらもみ返しがあるともいいますが、少し強め、痛いが気持ちいい、くらいがおすすめです。

 

肩こりの解消方法は続けることが大切ですが、なかなか改善しない場合、何か病気が疑われる場合もあります。めまいや手のしびれまでの症状が出る場合には頸肩腕症候群の疑いもあるので整形外科で診察を受けましょう。

 

また左の肩ばかりが凝ったり痛みがあり、次第に胸にも強い痛みを感じるときには心筋梗塞や狭心症の心配があるので、直ちに 病院へ検査を受けてください。

 

読書のあとに肩こりや頭痛、目の疲れを感じる場合は眼精疲労からくることも考えられます。肩こりは肩周辺ばかりでなく身体のどこかしら変調が原因で起こることもありますがほとんどは筋肉疲労が原因ですので、この場合には自分に合った肩こり解消方法を続けることで改善していくものです。肩こりに効くグッズなども積極的に取り入れていってはいかかでしょうか。

 

肩こり解消グッズ

肩こり解消方法としてたくさんのグッズが販売されています。ネット通販でもたとえば楽天市場でもチタン、磁気、ゲルマニウムネックレスは大変人気のある商品です。
他にもつぼ押用の簡易マッサージ器、まくらが合わないで肩こりに悩まさせているなら肩こり解消枕、サプリメントなど様々な商品、グッズがあるので肩こり対策の参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク