地震に備えてできること

地震に備えて普段から防災用品をそろえておくといざというときに安心です。防災用品には地震時や災害時の避難のときにすぐに持ち出せる「非常持出し袋」を用意し、必要な生活必需品を入れておきます。

地震の備え用の防災グッズをセットにして販売もされていますが、非常用持出し袋は避難するときに両手が使えるようにリュックのように背中に 背負えるものが便利です。耐火性、耐水性の素材を選びましょう。


スポンサードリンク


防災用品袋の中身は食料品(3日分用意しておく)、飲料水、救急用品、懐中電灯、ラジオ、ろうそく、ライター、防災ずきん(ヘルメット)
必ず年に一度はチェックしておきましょう。いざとなって使えない、ということにならないように、水や食料品は有効期間が 切れたものは新しいものと交換しておきます。赤ちゃんがいる家庭では紙おむつや粉ミルク、哺乳瓶なども用意しておきます。

地震の備えは持ち物ばかりではありません。災害後は電気やガス、水道が止まってしまうこともありますし、家屋に損壊が生じることも考えておく必要もあります。非常時の 生活を維持していくための備蓄品には、飲料用の保存水、防水シート、寝袋、簡易トイレなどがあります。日ごろから地震対策に、何が必要か家族で話し合って 持ち物リストや常備リストを作り準備していきたいですね。

地震は突発的なもので予測できないものです。だからこそ普段からの地震の備えが必要となってきます。地震による死傷被害は家の中や周りで多く起こっています。それは家具の転倒や落下物によるものです。

家具は転倒防止用の固定器具を利用しましょう。食器棚の場合は家具が倒れなくても、中の食器が落下する危険があります。扉が開かないように金具を取り付ける工夫しましょう。

夜中に地震が起こったとき、停電になって足元がみえない場合もありますし、ガラスが散乱していては危険です。ベットのそばにはスリッパか運動靴を用意しておきましょう。

屋根瓦やブロック塀の落下や倒壊も被害報告は多いものです。気になる箇所がある場合には早めに修理や点検をしておくようしましょう。

地震が発生した直後は「すぐに火を消す」それから「近くのドアを開けておく」これは地震のためにドアが開かなくなることがあるからです。避難用の出口を確保するために窓やドアを開けておきましょう。

すぐ外へ出るのは落下物の危険もあるのでゆれが収まるまでは家の中の安全な場所で待機します。山崩れや津波が起こる可能性のある地域に住んでいる場合はすぐに安全な場所へ避難しましょう。


地震の備えと避難場所

大地震の可能性があるとわかったときにはテレビやラジオで警戒宣言が出されるそうです。これは避難命令ではありませんがそうなった場合にはすぐに行動できるように非常用持出し袋の確認が必要です。外出しないで自宅に待機し情報収集に努めましょう。

実際に避難しなければならないときには避難場所はどこにするのか、避難所までの通路、家族が外出している場合の連絡方法なども事前にきめておくようにします。地域には指定された第一次避難場所があります。実際に歩いて確かめておくようにしましょう。地震による土砂崩れや事故を想定して他の通路の候補も立てておくようにしましょう。

スポンサードリンク
 楽天