初期消火とは

火災の消火は、燃え広がる延焼を食い止めるためにも初期の段階での消し止めることが大切です。

消化器は取り出しやすい場所に設置して、いざというときにすぐに使用できるようにしておきましょう。消化器の使い方の確認、万一に備えて三角バケツや身近のタオルなどの使用手順を確認しておきます。

スポンサードリンク

初期消火の方法


消化器の使い方
1.安全ピンを上に引き抜く
2.ホースをはずして火元に向ける
3.レバーを強く握って放射

消化器の使い方はとてもかんたんです。でも動揺してわからなくなることもあるかもしれません。また消化器を備えていない場合は、他の消火手段を知っておきましょう。


三角バケツの使用方法(消防法認定品の消火バケツ)
1.キャップを外し両手でしっかり持ち上げる
2.後ろに大きく引いてから、火元に向けて思い切り前に押し出すように投水
3.数回繰り返して消火する

◎天ぷら油の火には直接水はかけない!
 1、空気を遮断する・・水で濡らしたシーツやタオルをピッタリかぶせる
 2、ガスを止めて様子を見る
 
火災に気づいたら、「火事だ!」と大声を出して周りに知らせることが大切です。
どんなに小さな火災でも119番通報して消防車を呼びましょう。

出火直後なら近くの人に119番通報を頼んで、火の小さいうち消せるよう消火器などを使って初期消火に努めましょう。

スポンサードリンク

 楽天