火災保険で台風被害は補償されるのか

大型台風によって住宅被害を被った場合、火災保険が頼りになるものです。 住宅を購入した時に火災保険に加入したのは、覚えているかもしれません。 ただ、本当に困難な状況にならないと、その補償内容まで確認してないかもしれません。


スポンサードリンク



火災保険は、「保険の対象」が火災などの損害を受けた場合に保険金を受け取ることができます。

最近では住宅を対象とする一般的な火災保険では、台風で瓦が飛んでしまった場合などの「風災による損害」は補償対象となるものが多いようです。

とことが台風によって雨漏りが生じた場合は補償はあるのでしょうか?

例えば家を建てて10年、20年経った家の場合、年月と共に老朽化は進んでいるものです。

そんな家が、もし台風被害で雨漏りをしてしまったとしたら、加入している火災保険で補償されると考える方もいるようです。

しかし、現実は台風被害によって屋根の瓦や屋根が飛んでしまった場合は火災保険で補償される場合があったとしても、雨漏りだけでは、補償対象外となる事がほとんどのようです。
なぜなら、先ほど話しましたが、屋根の老朽化という現実があります。大量の雨が降った際に老朽化が雨漏りの原因となる可能性があるからです。老朽化となると、保険では補償されないのです。

もし判断がつかない時には加入している保険会社に相談して、確認しておく事をおすすめします。

何かが起こってからでなく、今加入している火災保険の補償内容や対象をご確認下さい。



スポンサードリンク
 楽天