結婚式 女性の服装マナー

招待された側の結婚式での服装は親族や主賓として出席する場合には正式礼装を着用し、 友人の場合には準礼装を着用します。 お祝いの華やかな席ですから地味にはならず、また花嫁の衣装より派手にならないように気をつけましょう。 またフォーマルな披露宴か立食形式のカジュアルな披露宴なのか、会場の格式に合った装いを考えましょう。

スポンサードリンク

女性の結婚式の服装は、洋装であれば昼間の正礼装はアフタヌーンドレス、夜はロング丈のイブニングドレスです。最近では結婚式用として主流なのはドレッシーなワンピースかスーツですが 昼は肌を露出しないのが正式です。肌が出るデザインのドレスであれば、昼間はボレロやストールを使用して露出をおさえるようにします。

注意したいのは洋服の色。花嫁の色とされる白と喪の黒はタブーとされています。ただしオフホワイトであったり、黒は光沢がある素材や華やかさのある装いであればかまいません。


結婚式 アクセサリー

 アクセサリー
結婚式が昼と夜ではアクセサリーも違ってきます。昼の結婚披露宴にはパールかコサージュなど光らないもので控えめに、夜はゴールドなど華やかにするのが基本です。
 バッグ
バッグは昼夜どちらでも、クラッチバッグなどパーティー用の小ぶりなものを。素材は布やビーズなどです。大きなバッグは会場には持ち込まないのがマナーです。クロークなどに預けておきましょう。
 
靴はヒールがあるものが基本です。アフタヌーンドレスのときはプレーンなパンプス、イブニングドレスのときは金、銀のパンプスまたはドレスと同じ色のパンプスが正式です。
カジュアルな式であっても爬虫類の皮の靴は避けます。また素足にミュールは厳禁。

「平服でお越しください」とあったら?

この場合の平服とは、礼装・準礼装のドレスでなくてもよいという意味です。普段着で、という意味ではなく略礼装と解釈してください。
女性ではワンピース、ツーピース、パンツスーツなどを選んで、ソフトな素材で色使いやアクセサリーで華やかになるような装いにします。

スポンサードリンク
楽天