結婚式 父親の服装マナー 和装

結婚式では媒酌人夫妻は新郎新婦の服装に合わせ、両親は媒酌人夫妻に合わせるのが基本です。新郎新婦よりも多少、格を下げるようにします。 両親は両家で格を合わせてお客様をお迎えできるような服装を心がけましょう。

スポンサードリンク

最近の傾向として、両親とも洋装にする場合が増えてきてますが、一般的には父親は洋装、母親は和装にする場合が多いようです。また新郎新婦が和装で結婚式を行う場合には両親ともに和装にすることがあります。

男性の和装の正礼装は黒羽二重、五つ紋付羽織袴ですが、これは新郎新婦の父親、媒酌人、親族が着用します。父親は花婿と同様か、袴の縞が幅の狭い地味のものを選ぶようにします。和装の持ち物は、半襟と足袋は白。草履は白い鼻緒の畳表の雪駄。手には白い扇子を持つのが正式です。

結婚式 父親の服装 洋装

男性の正礼装は燕尾服ですが、実際には昼間の礼装はモーニングコートで、結婚式に父親や男性の仲人がよく着用しています。

父親は昼間はモーニング、夜は黒のタキシードを。モーニングの上着は黒、ズボンはグレーに黒の縞。縞模様はなるべく細目のものに、裾はシングル。ベストの色はグレーかアイボリー。


 ・シャツは白のウイングカラー。シャツは折り衿よりも立ち衿のほうが格式が上です。
 ・ネクタイはシルバーグレイか白黒ストライプの結び下げ。
 ・ポケットチーフは白のシルク。
 ・手袋はグレーか白、素材はキッド・スキンか布製。

モーニングは一式はほとんどレンタルで用意するでしょうから、父親の用意する持ち物は靴下(黒無地)と黒の皮靴くらいです。

スポンサードリンク
楽天