結婚式 男性の服装

結婚披露宴に招待された男性の服装は、時間帯や本人の立場によって変わってきます。
結婚式の服装を選ぶとき、和装か洋装か選択するわけですが、男性は洋装が一般的です。
男性の正礼装は昼間はモーニング、夜はタキシードですが、一般では着用されることはありません。これは父親など近親者の服装となります。 (父親の服装)

スポンサードリンク

新郎新婦の上司の場合、社長、部長の主賓クラスでは正装で出席する必要があります。略礼装のブラックスーツ、準礼装のディレクターズスーツが人気があります。
「ディレクター」とは重役のことで慶弔どちらにも対応ができます。背広型の黒の上着、グレーやアイボリーののベスト、縞パンツの組み合わせです。

一般の招待客では男性の服装は、昼夜どちらでもきることができるブラックスーツが主流となっています。これは時間帯には関係なく着用できます。

ブラックスーツは略礼装に分類されていて、ネクタイを変えれば慶弔両方に使用できます。
上着は黒のダブルかシングル、上着と共布のズボンのすそは折り返しなしのもの。ベストを合わせる場合もあります。白のシャツにネクタイは白黒のストライプかシルバーグレーが基本です。夜はタキシード風に黒の蝶ネクタイを結びます。

男性はブラックスーツにシルバータイが定番といえますが、女性に比べると全体的に地味なので、友人として出席するのであれば、カラーのドレスシャツと色物のネクタイでおしゃれに装うのも素敵です。


ブラックスーツに合わせる小物
カフスボタンは金か銀のシンプルなもの。
ポケットチーフは白の絹。靴は黒のストレートチップ、靴下は黒。

スポンサードリンク
楽天