冠婚葬祭・結婚式の服装

冠婚葬祭の服装でも結婚式の服装は、特に女性にとっては楽しみでもありなおかつ悩みの多いものかもしれません。服装選びにもマナーがあるので慎重にえらびたいですね。

スポンサードリンク

両親の結婚式の服装は新郎新婦の服装の格をそろえたものを選ぶことを基本にしておきましょう。 一般的には父親がモーニングコート、母親が五つ紋付きの留袖を着ることが多くなりました。

招待された側の結婚式の服装は親族や主賓として出席する場合には正式礼装を着用し、 友人の場合には準礼装を着用します。お祝いの華やかな席ですから地味にはならず、また花嫁の衣装より派手にならないように気をつけましょう。


女性の結婚式の服装は昼間は肌をあまり露出しないワンピースかスーツを、夜はイブニングドレス。アクセサリーも昼の結婚披露宴には控えめに、夜はゴールドなど華やかにするのが 基本です。避けたいのは花嫁の色とされる白と喪の黒。黒は華やかさのある装いであればかまいません。

男性の結婚式の服装は父親や親族はモーニング、その他はブラックスーツに白いネクタイが一般的です。「平服で」と言われた場合でも華やかな雰囲気、あらたまった服装で 出席するのが礼儀です。男性は地味になりがちですがダークスーツやブレザースーツにベストやポッケットチーフを加えてお洒落に演出してみては。

キリスト教式挙式の場合の結婚式の服装は特別な約束事はありませんが肩や肌を露出しすぎないよう気をつけましょう。



冠婚葬祭・葬儀の服装

冠婚葬祭の服装でぜひとも用意しておきたいのが葬式の服装、正式喪服です。男性の場合はフォーマルなブラックスーツに礼装用の白いシャツと黒無地のネクタイ。タイピンは 付けないのがマナーです。ベルトも黒を。靴は飾りのついていない革靴が正式です。もちろん靴下も黒です。

女性の葬式の服装はシンプルなものを選んでおきましょう。 季節は問わず光沢のある布地や透けている素材は避けます。お悔やみの席では地味が基本。メイクや髪型も控えめにします。アクセサリーは一連の真珠やオニキス、バックと靴は 黒の布製、または飾りのない、光沢のない黒を選びます。

夏の葬儀でも喪服は上着は着用するのがマナーです。半袖でもよいのは火葬上の休憩所や外で出棺を待っているときだけです。 また冬の場合のコートですが出棺のときには脱いで見送るようにしましょう。

冠婚葬祭・成人式の服装

冠婚葬祭の冠は成人式のことです。昔は15歳が元服といって冠を頂く、つまり社会的な役職を得る、大人になることを認められるという意味を持ちます。成人式の服装は 男性はスーツ、女性は振袖またはスーツやワンピースなど華やかなイメージのフォーマルな装いがふさわしいです。もちろんカジュアルな服装でもかまいませんが、冠婚葬祭の服装 というのはあらたまった席での服装ですので周りの場に合わせた装いが基本となります。

冠婚葬祭の祭は一年間を通して主要な年中行事(正月、節分、お盆、歳暮、冬至、大晦日など) です。決まった服装というものはないのですが親戚、親族があらたまって会する席ですからその雰囲気を壊さない気遣いも必要です。

スポンサードリンク

楽天