一人暮らしの初期費用はどのくらい必要?

気ままな一人暮らしではあるけれど何かと出費がかさみます。
一人暮らしを始めるにはまず部屋探しから。入居費用や生活費用など、一人暮らしに必要な初期費用は計算するとトータルでどのくらいかかるのでしょうか?


スポンサードリンク




部屋を借りるときには敷金、礼金、仲介手数料が必要です。また火災保険料が必要な場合もあるようです。敷金、礼金は一般的には家賃の2ヶ月分ですが、最近は敷金、礼金が0円の場合も多いので、部屋探しのときにはそういった物件を視野に入れながら探すことで、初期費用を安く抑えることができます。

そのほか、引越し代、家具、家電、生活用品が必要です。一人暮らしが初めての場合には家具や家電を新調することになるので費用は思ってる以上にかさむかもしれないですね。

   ※家賃7万円の場合
敷金・・14万円(2ヶ月分)
礼金・・14万円(2ヶ月分)
仲介手数料・・7万円(1ヶ月分)
前家賃・・7万円(1ヶ月分)
火災保険料・・2万円
引越し費用・・5万円
家電・・15万円
家具・・10万円
日用品・・5万円
 合計79万円

家賃7万円の場合の一例です。この他鍵の交換が必要な場合もあります。

家賃は毎月必要な出費なので、家賃を安く抑えることがポイントとなりますが、家賃は安くても交通費がかかったり、最寄りに格安な店がなくて生活に必要なものをコンビニに頼ると無駄な出費が増えてしまうことも考えられます。部屋探しでは家賃だけでなく、生活環境も含んで選ぶといいかもしれません。

スポンサードリンク


楽天