一人暮らしの家計簿


一人暮らしの家計簿は必要?家計簿なんてめんどくさいと思っていませんか。ある程度把握できてるから家計簿はつけなくていい、と感じているかもしれませんが、自分のお金の使い方をチェックしてみると意外と無駄が多いものと気づくはずです。


スポンサードリンク


一人暮らしの家計簿は、収入もなかなか増えない現在だからこそ、無駄をなくし節約しつつ、万一に備えたり旅行や結婚などの目的のために少しずつでも貯金をしていけばずっと豊かな生活となります。

一人暮らしの場合、社会人だと断れない付き合いでいつのまにか支出が増えてしまったため食費は大幅カット、なんてことも多いのではないでしょうか。 家計簿を付けることで一ヶ月の予算内で使うべきものと残すものをしっかり診断し把握できれば「使いすぎていた」項目に気づきやりくり 上手になっているはずです。

家計簿は主婦のイメージですが実際に家計簿を付けている人に聞くと、普通のノートや手帳に大まかに項目を分類して手書きで付けている人、PCの家計簿ソフトを 使用している人、エクセルに自己流で作成してしる人、市販の家計簿を購入して細かくつけている人など様々なようです。一人暮らしの家計簿の場合でも、長続きできるように自分に合ったつけかたを工夫し管理していきましょう。

家計簿を毎日付けるのは面倒、という場合にはレシートを一ヶ月分集めておいて科目別に分けて計算する方法もありますし、固定支出をあらかじめ袋分けしていく方法もあります。 まずは1ヶ月か2ヶ月だけでも続けてみませんか。支出の費目には、家賃、食費、水道光熱費、通信費、交通費,衣料品費、 小遣い・交際費などがあります。

社会人の場合だと水道光熱費の消費変動は少なく、ただし携帯電話の通信費は月によっては使いすぎで変動が大きくなったりします。引き落としでなんとなくでしか見えなかった使いすぎを意識することで、次はこの支出を減らしていこう、この分は貯蓄に回せる、と家計の見直しができてくるのです。

もちろん生活を楽しむにはただ貯金するだけでなく、ある程度貯まったらたまにはご馳走を食べるとか、欲しかった洋服を買うとかの自分へのご褒美も大切です。 生活のメリハリがついていけば生活の不安も解消していき一人暮しの家計簿はますます楽しくなってくるのではないでしょうか。


家計簿は手作りでもいいですが、楽しく長続きできるように市販ではかわいいキャラクターものの家計簿が販売されています。ネット通販の楽天市場でも人気アニメのリラックマやスヌーピー、ディズニーの家計簿が販売されているので比較してみてください。

また雑誌でも主婦の友の付録の家計簿がお馴染みで年末になれば店頭に並びますよね。2009年版 主婦の友365日のおかず家計簿は 付録ではなく単独で入手できますし、他にも主婦の友の12月号の付録のやりくりダイアリーは使いやすくて人気のようです。

スポンサードリンク

楽天