贈り物 タブー プレゼント

贈り物のタブー 贈ってはいけないプレゼント

贈り物にはタブーがあります!
贈り物は相手にお祝いやお礼の気持ちを伝えるものです。相手に喜んでもらいたいと選んだはずなのに、「贈ってはいけない」プレゼントだったとしたら大変です。贈ってはいけない品を覚えておきましょう。

 

一般的なお祝いの品のタブー

一般的なお祝いの品では、「死」「苦」など不吉なものを連想させる品はタブーとされています。例えば「くし」はズバリ「苦」「死」を連想させ、歯が欠けるものなのでお祝いの品には避けるべきでしょう。またハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書き「縁を切る」という意味になるので贈り物にはタブーだと言われています。

 

結婚祝いの品のタブー

結婚式の贈り物は「縁が切れる」「割れる」「壊れる」につながるため刃物や割れ物は避けるべきです。ただし相手が希望すれば贈ってもかまいません。高級な包丁やグラスや陶器は人気商品でもありますから。割り切れる数はNGですがペア(2)や半ダース(6)、1ダース(12)、末広がり(8)は偶数でも一組として考えるので大丈夫です。4と9は避けます。

 

新築祝い・開店祝いの品のタブー

新築祝いや開店祝いは「火事」を連想させる品物は贈ってはいけません。ストーブ、灰皿、ライター、アロマキャンドルなどは、相手が希望するのでなければ避けます。火を連想させるとして赤い色や赤いものも気にする人もいるようなので避けたほうが無難です。

 

長寿の祝い・退職祝いの品のタブー

お祝いでは目上の人には現金を贈るのはタブーとされています。商品券は贈ってもかまいません。他にも目上の人には贈っては失礼だとされているものに「靴」「靴下」「スリッパ」があります。これは踏みつけるというイメージから言われるものです。他にも「勤勉」という意味にあたる「カバン」や「時計」などがあるので注意しましょう。

 

 

スポンサードリンク