新築祝いのマナー

新築祝いのマナー

新築祝いのマナーについて知っておきましょう。家が完成すると親しい友人や知人を招いて新居を披露します。

 

新築披露の招待をいただいたら、親しく付き合う間柄であれば新築祝いの贈り物を贈りたいですね。

 

お祝いの品物は招待された当日に持参するのは避けます。前日までに届くようにようにするか、新居を拝見した後に贈る場合には、当日は手土産を持参した後、改めてお祝いの品を贈りましょう。

 

スポンサードリンク

新築祝いの品

「物がたくさん入る」を意味する入れ物や、「その場所に根ずく」植木をプレゼントするのが昔からの習わしがありました。

 

現在では花瓶、鉢植え、観葉植物、実のなる花や苗木、置時計、置物がよく選ばれているようです。住む人の趣味やインテリアを考えると相手の希望を聞いて贈り物するのがベストかもしれません。必要なものを買っていただくように友人同士で祝儀の現金を包んでもかまいません。

 

新築祝いのタブー

火を連想させるものは縁起が悪いので避けなければいけません。(ストーブ、灰皿、ライター、キャンドルなど)また火を連想させるとして赤い色のものも良くないようです。相手が希望すれば贈ってもかまいません。

 

新築祝いの金額

相場は兄弟、親戚なら1万円〜5万円、友人や知人は5千円〜1万円です。祝儀袋は紅白蝶結び、熨斗付きを使用します。贈物にものしをつけて水引は紅白の蝶結びを。表書きの書き方は「御新築御祝」「祝御新築」「御祝」とします。

 

新築祝いのお返し

新築祝いのお返しは招待した場合には不要ですが、気持ちばかりの引き出物を用意するのもよいでしょう。ティーカップ、小物入れ、お菓子など選ばれるようです。

 

招待していない人からお祝いをいただいた場合には礼状とともにお返しをします。金額はいただいたお祝いの3分の1から半額を目安にし、表書きは「内祝」「新築内祝」とします。

 

スポンサードリンク