お中元の贈り方

お中元の贈り方

お中元,時期,マナー,お返し,贈り方,渡し方,金額,目安,送り状

お中元とは誰に贈るものなのか?形式化されたとはいえ日頃お世話になっている人への感謝の気持ちを込めたお中元。

 

親戚、仲人、会社の上司、習い事の先生など末永くお付き合いしたい人に贈ることが多く、 つきあいの程度によって負担とならないものを贈るのがマナー。

 

お中元は関係が変わらない限り贈り続けるというのが基本です。

 

その年に特別お世話になった人にこの時期だけに贈るという ものではなく、その場合にはお中元ではなく表書きは「御礼」として贈ります。

 

スポンサードリンク

お中元の金額

お中元で贈る品物の金額の目安は、会社の上司やお世話になってる人は5000円程度、親戚・知人は3〜5000円程度。特別お世話になった人が5000〜1万円程度です。お歳暮と両方送っている場合、お歳暮のほうをやや高めとします。

 

お中元の時期

お中元を贈る時期ですが、一般的には7月の初めから15日までに贈るのがマナーです。関西など1か月遅れが一般的な地方もあるので贈り先の慣習に合わせることも大切です。

 

のし紙の表書き

「御中元」ですが、贈る時期を過ぎると立秋前日までは「暑中御見舞」「暑中御伺」とし、その後白露前日までは「残暑御伺」と表書きを変えなくてはいけません。目上の人には「御伺」、目下の人には「御見舞」とします。

 

お中元の渡し方

本来お中元の渡し方というのは、季節のあいさつとともに持参するものでした。今ではデパートの配送を利用することが多くなっています。その場合には品物が届く前に送り状を贈るのが正式なマナーです。送り状には、いつ、何を、どのデパートから送った、日頃の感謝の言葉を添えるようにします。

 

お中元をやめるとき

お中元やお歳暮は贈り続けることと、両方をおくることが基本ですが、「もう贈るのをやめたい」というときにはまず中元をやめてお歳暮だけを贈る、次にお歳暮をやめる、というふうに段階を経てからやめるように。また両方贈るのではなくどちらかにしたい場合にはお歳暮だけにします.。

 

お中元のお返し

お返しは不要ですが受け取ったらすぐに礼状を出します。お返しをしたいなら半額程度のものの品物を贈る。

 

相手が喪中のとき

お中元はお祝いではないので、喪中でもお中元を贈ってもかまいません。ただし四十九日に当たる場合には時期をずらし、表書きも「暑中お見舞」とします。のしも使用せず、白いかけ紙に表書きを書きます。

 

 

スポンサードリンク