お返しの相場:「半返し」「3分の1返し」「お返し不要」

お返しの相場 「半返し」「3分の1返し」「お返し不要」

お返し,相場,半返し,3分の1返し,お返し不要,結婚祝い,新築祝い,病気見舞い

結婚祝いや新築祝い、また病気見舞いなどを頂いたらお返しは忘れてはいけません。

 

ただしお返しが必要なものと不必要なものがあるのを知っていますか?

 

お祝いにも相場があるようにお返しにも相場があります。お返しには「半返し」「3分の1返し」そして「お返し不要」があります。

 

お返し「半返し」

半返しが基本なのが「結婚祝い」「出産祝い」といったポピュラーなお祝いのとき。お祝いを頂いたら半額を目安にして品物や商品券でお返しするといいでしょう。最近ではギフトカタログを贈ると好みの品物を選べるからと人気です。

 

仲の良い友人がグループでお祝いを贈ってくれた場合にも、少額のものでも個別包装にして一人ひとりに返すのがマナーです。

 

お返し「3分の1返し」

3分の1返しが基本なのは病気見舞いや長寿祝いのお返しです。これは受け取る人が高齢の場合が多いという理由からきているようです。負担にならないように低めの相場になっているのです。

 

「お返し不要」とは?

餞別をいただいたときや、災害見舞を受け取ったときはお返しは不要とされていますが、不要といってもどのように対応すればいいのでしょうか?

 

引越しのときや何かと入り用な災害見舞いの場合ももらったままでは失礼なので礼状は必要です。引越し先から忘れず礼状は送りましょう。災害見舞いの場合も落ち着いたときにはかならず連絡を入れるようにしましょう。

 

スポンサードリンク