お祝いに贈る花

お祝いに贈る花の選び方

お祝い,花を贈る,祝い花,選び方,マナー,贈り物,花ギフト,還暦祝い,花束,アレンジメント

お祝いといっても誕生日祝い、還暦祝い、父の日、母の日、新築祝い、出産祝い、定年祝いなど贈り物の機会はさまざまです。

 

いざプレゼントを贈ろうと考えた時、何を贈ってよいか悩んでしまうものですが、花は最も無難といえます。

 

花選びが上手にできればもっとも素敵な贈り物となることでしょう。

 

ただし一般的なお祝い花としては不向きな花もあります。どんな花を贈れば喜んでいただけるのか最低限のマナーを知っておきたいものです。

 

スポンサードリンク

 

お祝いにはお悔やみのイメージがある白い和菊、カーネーションは不向きです。お薦めなのはバラ、蘭、ユリなど晴れやかなイメージの花です。花の匂いや花粉も迷惑をかけてしまう場合もあるので花の特性を知ることも大切です。

 

母の日の赤いカーネーションや父の日の黄色いバラ、還暦祝いや退職祝い、誕生日祝いなど直接手渡すときはブーケのほうがインパクトもあってうれしいものです。花かごなどにアレンジメントされた花はそのまま飾ることができるので、新築祝いや開店祝い、楽屋花などにお薦めです。

 

最近では、還暦祝いには赤いバラを60本贈るというのも知られるようになりました。赤は還暦を象徴する色なのですが、60本という年齢の数が花束にするとボリュームも感じられますし、バラの華やかさもあってプレゼントされると喜びも大きいものです。予算は1万5千円〜3万円程度。子どもたちで費用を出し合って花の贈り物をされてみてはいかがでしょう。

 

楽天市場などインターネット通販だと気軽に花ギフトを利用することができます。様々演出を凝らしたものも多く、結婚祝いや誕生日祝い、敬老の日にはお菓子を組み合わせたものやワインをセットされたものなどがあります。

 

遠方であって直接届けられなくても通販や最寄りの花キューピットの花の宅配を利用することで、普段は照れくさくて言葉にできない気持ちを花が代わって思いを伝えてくれます。

 

 

スポンサードリンク