開店祝いのマナー

開店祝い贈り物のマナー

開店祝いのマナーについて知っておきましょう。友人や知人がお店を開店、開業したらお祝いの贈り物をしたいですね。

 

開店するのがたとえば美容室や料理屋さんだったら、そのお店の客になったり友人にも紹介するのが一番嬉しい開店祝いであることも知っておいてください。

 

開店祝い,マナー,贈り物,お花,酒,鉢植え,表書き,金額,相場,お返し

開業、開店祝いの贈り物をする場合にもマナーがあります。しきたりとしては開店祝いは縁起物を贈ります。

 

縁起物を贈る
縁起物には客や福を招き入れる「招き猫」「生花」「鏡」「時計」などがありますが、そのお店の雰囲気に合っているものを選びたいですね。

 

親しい間柄であれば事前に希望を聞いてあげるほうがいいかと思います。

 

開店の披露パーティーに呼ばれた場合には一般的にはお酒やお花を贈ります。

 

スポンサードリンク

花を贈る

鉢植えの花は開店祝いでは長くそこに根付くという意味があるので胡蝶蘭などは華やかで喜ばれているようです。観葉植物も贈られた側にとっても扱いやすくい品物です。店の前に立てるスタンドの生花の花かごも開店祝いにはふさわしいものです。
      ⇒お祝いに贈る花

 

全国にある花キューピットの花屋さんから 開店祝いのメッセージカードを添えて配達してもらえます。親戚が遠方でお店を開店するときなど、お祝いに行けないときなどスタンド花や花束の贈り物は喜ばれるのではないでしょうか。

 

日本酒を贈る

開店の祝い酒には日本では日本酒が祝い事のお酒として贈られます。祝い事には奇数が吉とされるのですが、日本酒では一升瓶が2本一対がおめでたい席での本数です。ただし4本はタブーです。

 

贈り物のタブー

開店祝いのマナーとして、贈ってはいけないものがあります。新築祝いと同様にストーブやライターなど火に関する品物は縁起が悪いとされていますので注意しましょう。
      ⇒贈り物のタブー

 

現金を贈る

何を贈ればよいか迷うときにはご祝儀の現金でもかまいません。開店祝いの金額の相場は1万円〜3万円ですが、相手とのかかわり方で金額は変わってくるものです。兄弟や両親では3万円〜5万円が目安です。

 

祝儀袋は紅白蝶結び、熨斗付きを使用します。表書きの書き方は「祝御開店」「祝御開業」「祝御発展」「御祝」とします。

 

開店祝いのお返し

開店祝いのパーティーに参加された方には一般的には内祝いは用意しません。その代わりに開店祝いのお返しを兼ねて記念品を配ることが多いようです。湯のみ茶碗やペーパーウエイト、写真立てなど実用的な小物の裏に宣伝も兼ねて店名や社名や電話番号を入れておきます。
      ⇒開店祝いのお返しのマナー

 

 

スポンサードリンク