ペット 薬の飲ませ方

ペット 薬の飲ませ方

ペットが病気になると飼い主としてはとても心配です。

 

なかには仕事を休んで世話をするという人もいるくらいですから。

 

ペットが病気になると病院に連れていったり、薬を飲ませたりと苦労もあるわけですが、ペットが嫌がって薬を飲んでくれないってことはありませんか。

 

強引に飲ませようとすると暴れたり噛み付くこともあります。

 

粉末だとペットフードに混ぜればうまく食べてくれるでしょうが、錠剤やカプセルの薬は飲ませ方にはちょっとコツが必要です。

 

ペットに上手に薬を飲ませる方法

ペットの口を開けさせて薬をのどの奥に押し込むという方法があります。

 

口をうまく開けてくれたら、のどの奥に薬を入れて口を閉じさせます。口を開けないように押さえておくと自然と飲み込みます。

 

嫌がって怒る場合もあるので、犬の性格にもよるかもしれません。私の飼っている犬はこの方法は全く通用しませんでした。

 

ペットの好物に埋め込んで食べさせるという方法があります。この飲ませ方が一番うまくいきました。ただ最初から薬が混入させたものを食べさせようとすると失敗することがあります。

 

まず、最初は薬を入れてないものを何度か手から食べさせます。喜んで食べてくれるようなら次に薬を混入させたものを手に乗せて食べさせます。

 

気を付けないと、ペロペロと舐めてるうちに薬が出てきてしまってバレてしまうので、直接口に入れ込むような感じで食べさせます。

 

水薬は、スポイトを使えば簡単です。口を大きく開けていたら少しづつ注ぎ込んでやります。口は閉じた状態なら唇のすき間にスポイトを差し込んでゆっくりと注ぎます。

 

 

スポンサードリンク