犬の皮膚の病気

犬の皮膚の異常

犬はかゆみにはとても苦手!いつも噛んだり舐めたり・・・

 

このことで皮膚の炎症をさらに悪化させることが多いので、 早期発見早期治療が大切となってきます。さらには再発防止を心がけるようにしてあげましょう。

 

犬の皮膚病の原因には、外的なものとしては、皮膚の合わないシャンプーによる刺激やアレルギー物質、寄生虫の感染などがあります。

 

また細菌感染で免疫力が低下したために 皮膚の炎症が悪化してしまったためや、内臓疾患、内分泌系疾患など内的な原因が考えられます。

 

症状で犬の病気を見分ける

全体的に皮膚にかゆみがある

 ・アレルギー性皮膚疾患  
 ・内分泌系疾患  
 ・真菌感染症  
 ・細菌感染症  
 ・ノミ、シラミの寄生

 

部分的にかゆみがある

全身性の皮膚病に罹る初期の段階で、部分的な疾患から始まることも多いため、犬の皮膚病対策は 早めの治療が大切となってきます。   

 

 ・アレルギー性皮膚疾患
 ・真菌感染症
 ・細菌感染症
 ・外部寄生虫病

 

ふけが多い

 ・脂漏性皮膚炎
 ・アレルギー皮膚炎

 

皮膚の色の異常

 ・肝臓機能障害
 ・アレルギー性皮膚疾患
 ・ネギ中毒

 

 

スポンサードリンク