印鑑の種類について

印鑑の種類には実印、認印、銀行印、訂正印がありますが、通常よく使われるのは認印です。実印として印鑑登録されてない印鑑は銀行印も訂正印もすべて認印に含まれます。

スポンサードリンク


市役所への届出書や履歴書、請求書、領収書に使う印鑑は認印でかまいません。認印は三文判が最もよく使われており一般的な名字であれば注文しなくても文具店やダイソー 100円ショップなどで格安で買うことができますしスタンプ式のゴム印であっても使用できます。銀行印は銀行や保険の証書に使いますが認印と同じ印鑑を使ってもかまいませんが 象牙や黒水牛の素材や字体でオリジナリティーのある印鑑を使用する人も多いようです。

印鑑の種類の中で一番小さいのが訂正印です。文面の訂正をするときに使用しますが 認印と同じ印鑑でもかまいませんが、会社などでは小さいタイプのものを使うことが多いようです。

東急ハンズの印鑑ショップを訪れたり、通販などで目に留まるのは、とてもおしゃれなデザイン、キャラクターものの印鑑の種類です。印鑑だけでなく印鑑ケースもかわいいものが たくさんあって、セットになっているものは結婚祝いや赤ちゃんの出産祝いのプレゼントとしても好評のようです。


印鑑の種類でも特別な印鑑、不動産売買の契約書などで「実印を要する」という場合に使用するものでは、押し印して市役所に登録し発行された印鑑登録証明書を添付します。実印は サイズや文字には条件がありますが認印でももちろんかまいません。ただ大切なものですから中には姓名判断や印相にこだわってチタンや水晶の手彫りのものを注文して作る場合も多いようですね。 いずれの印鑑の種類も素材は破損しにくいものであれば何でもよくて形も正円でなくてもかまわないようです。


押し印の種類

押印は署名と同じくその文書の内容に同意したという意味をもちます。法的に効力をもつものであり押し印をすることには責任を持たなくてはいけません。署名・押印以外の 種類には訂正印意外には割り印、捨て印があります。割り印は2通以上の文書が関連のあるものの証明となるように文書を合わせて印鑑を押します。捨て印は後になって訂正が 必要ななった場合を想定してあらかじめ欄外に印鑑を押すものですが、信用のできる相手であることが必須です。


スポンサードリンク
 楽天