急性胃炎の症状

急性胃炎の症状

急性胃炎は胃の粘膜に炎症が起こり、むくみやただれが起きる病気です。急激にみぞおち周辺に強い痛みが起こりますが、適切に治療を行えば早期に回復します。

 

スポンサードリンク

急性胃炎の症状

無症状なことが多い慢性胃炎とは異なって、急性胃炎の症状は、ほとんどの場合胃の自覚症状を伴います。

 

痛みや嘔吐などの症状の程度は様々で、軽い場合では食欲不振や胃の不快感、また鈍痛などの場合があります。

 

食べ過ぎや飲みすぎなどの原因があってから、割と短期間のうちに突然みぞおち周辺に激しい痛みが起こります。吐き気や嘔吐を伴うのも急性胃炎の典型的な現れ方です。

 

一方で重いときは激痛や吐物に粘液が混ざったり、まれに胃から出血を起こして吐血する場合もあります。

 

また腸炎を合併した場合では下痢をともなうことも多く、細菌感染が原因の場合では発熱を生じることもあります。

急性胃炎の原因

原因の一番多くは、暴飲暴食、刺激物や香辛料の摂り過ぎなどです。また精神的なストレスも急性胃炎の原因となることはよく知られています。

 

そのほかでは、風邪薬や消炎鎮痛剤、抗生物質の副作用や細菌やウイルス感染などによって起こることもあります。

 

胃の弱い人や過去に胃潰瘍をわずらったことがある人の場合は、アルコールの飲みすぎや鎮痛剤によって急性胃炎から急性胃潰瘍へと発展することもあるため特に注意が必要です。

治療

軽症であれば胃を安静にしていれば、比較的早期に回復します。症状が強い時は内科や消化器科で診察を受けます。胃・十二指腸潰瘍と区別するため内視鏡検査が行われます。

 

多くの場合は胃酸の分泌を抑える胃酸分泌抑制薬、胃の粘膜を保護する薬、制吐薬を服用などの治療を受けます。

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 胃がんの初期症状