胃痙攣の症状

胃痙攣の症状

胃痙攣と胃痛
みぞおちのあたりが急にさしこむような胃痛が生じたとき「胃けいれんだ」といいますが、実際に胃が痙攣しているわけではありません。

 

胃痙攣とは胃壁の筋層が異常に緊張して起こる上腹部の激しい痛いのことをいいます。胃痙攣というのは特定な病名をさすものでは なくて、症状をさすものです。

 

胃痙攣の症状は、痛みの強さは軽いものから立っていられないような激痛までまちまちで、嘔吐や冷や汗をともなうものもあります。 痛みが続く長さも数分から1〜2時間までかなり幅があるようです。

胃痙攣の原因と対処法

胃痙攣,胃けいれん,症状,胃痛,痛み,みぞおち,原因,嘔吐,対処,応急処置

胃痙攣の原因は強いストレスによるものです。また胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍など胃の病気にともなって痛みが現れることがあります。

 

ほかにも胆嚢やすい臓の痛みも胃の痛みとして感じられることもあり、実際に胃痙攣の多くは胆石症が原因によるものです。

 

対処法は、軽いものであれば安静にしながら食事も消化のよいものにします。ストレスが原因であれば解消できるように努めましょう。

 

胃や胆嚢などの原因となる病気があれば治療を行うことが先決となってきます。痛みが強い場合には鎮静薬、鎮痙薬が用いられます。

 

胃痙攣の応急処置

ストレス性のキリキリした胃痛に効くツボを試してみましょう
ストレス性の胃痛は脳や頭部の反射区を刺激することで緊張が和らぎ痛みが改善されます。
これらのツボは足の親指全体にあるので、指の腹を使って念入りにほぐします。

 

こちらも参考にして⇒胃の痛みに効くつぼ「中かん」

 

 

スポンサードリンク

TOP 胃がんの初期症状