胃潰瘍の症状と治療法

胃潰瘍の症状と治療法

胃潰瘍とは

 

胃の粘膜に胃酸による潰瘍ができる病気を胃潰瘍といいます。胃酸の消化作用が主な原因となるため消化性胃潰瘍と呼ばれています。胃潰瘍はストレスや飲酒、香辛料などが原因によって胃酸の分泌が過剰となってしまったことによって発症します。

 

しかしながら患者の7割以上にヘリコバクター・ピロリ菌の感染がみられることから、このことが最も重要な原因になっていることがわかっています。

 

スポンサードリンク

胃潰瘍の症状

胃潰瘍,症状,原因,痛み,自覚症状,消化性,再発,吐血,ピロリ菌,治療

最もよくみられる胃潰瘍の症状は、空腹時の胃の痛みで、みぞおち周辺が痛みます。

 

空腹になると胃液の分泌を促し胃液の中の塩酸が潰瘍にふれて痛みを起こすためです。多くは水を飲んだり食事をとると痛みはやわらぎます。

 

ほかにも胸やけ、腹痛、げっぷ、吐き気、もたれ感、食欲不振などが胃潰瘍によくある症状ですが、まったく自覚症状がない場合もあり検査後初めて見つかることもあります。

 

高齢者や何度も繰り返して いるひとは症状が出にくくなるようで注意が必要です。

 

胃潰瘍の初期症状としての胃の痛みは時間の経過とともになくなります。そして放置しておくと再び痛みだし、一日中痛んだり背中の痛みを生じるようになりますがこれも数週間で自然に痛みはなくなります。この段階で治療せず放置しておくと数年で再発します。

 

潰瘍がすすむと吐血、血便などがみられることがあります。胃に穴が開くと(穿孔)、腹部がふくれて激痛を起こします。粘膜にできた潰瘍が血管にまで広がるとやがて出血して吐血や下血が起こります。

 

あふれ出た血液が胃にたまり吐血したとき量が少ない場合は色は黒っぽくコーヒーのような色ですが多量の出血の場合は鮮血になります。

 

便に混じって下血したときの血液の色も 黒っぽくタールのような色をしています。出血が長期間続くと貧血症状が起こり、また多量の出血した場合はショック状態に陥ります。

 

胃潰瘍の治療法

胃潰瘍の治療の大部分は、薬物療法と軽い食事制限などの内科的治療が行われます。潰瘍があっても穿孔や出血がないときは入院の必要はありません。

 

刺激物の少ない食事をとりタバコや アルコール、コーヒーなどを制限します。長時間、空腹のまま過ごさないようにして、食事はよく噛み、ゆっくりと食べるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

TOP 胃がんの初期症状