胃の痛みと吐き気

胃の痛みと吐き気を起こす病気

胃,痛い,吐き気,炎症,嘔吐,胃炎,飲みすぎ,にぞおち,原因,対処法

 

「胃が痛い」、または「みぞおちが痛い」という経験は誰にもあると思います。

 

腹部内臓からの痛みは ほとんどがここに集中してます。

 

たくさんの病気の中でも一番多いのが胃炎によるもの、 そして胃・十二指腸潰瘍です。

 

これらは胃痛とともに吐き気や嘔吐を起こします。
胃炎は突然の激痛で始まり、この後も腹痛が持続するため、不安に感じることも多い病気ですよね。

 

食べすぎ、飲みすぎの他、ストレスが原因にもなる急性胃炎のこと、もっと知っておきましょう!

 

スポンサードリンク

 

急性胃炎

原因のほとんどは、食べすぎ、酒の飲みすぎ、香辛料などの刺激物の接種によるものです。また薬の副作用、アレルギー反応、ストレスなど様々あります。

 

急性胃炎の症状は、鈍痛から激痛まで程度にいろいろですが、胃の粘膜に炎症が起こるため、急にみぞおちのあたりがきりきりと突発的に痛み、吐き気や嘔吐などがよくみられます。
急性胃炎の症状

 

 

慢性胃炎

慢性胃炎は胃の粘膜に炎症が生じている状態で、ほとんど無症状です。
空腹時や夜間に胸やけが起こったり、食後にむかつきや胃もたれといった自覚症状があることも。

 

重大な病気として考える必要はありません。あまり心配のない病気といえますが、治療としては胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬を服用します。

 

 

胃けいれん

みぞおちのあたりが急に激しい痛みが起きると「胃痙攣の症状」だといいますよね。実際には胃が痙攣を起こしているわけではありません。

 

強いストレスなどが原因となって胃炎や胃潰瘍などの他の臓器の病気に伴って、みぞおちあたりに強い痛みとして感じるものです。原因となる病気の治療を行ない鎮痛剤で痛みを和らげます。

 

 

他に考えられる病気

脂物を食べたあとに多いみぞおちの痛みの場合は胆石症が考えられます。この場合、脂物やコレルテロールの多い肉類などは控えることで痛みを緩和することができます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連サイト
胃の調子の悪い時に効く食材



TOP 胃がんの初期症状