二日酔い防止、対処法

二日酔いを防止するには飲みすぎないこと。わかってはいても仲間と飲むお酒っておいしいですよね。適量であればアルコールはストレス解消にもなり「百薬の長」ともいわれてます。でも飲みすぎて二日酔いとなると頭痛、 吐き気、嘔吐、食欲不振などの症状に悩まされることになります。


スポンサードリンク

お酒を飲むと、胃や腸でゆっくり吸収されたあと肝臓に運ばれますが、肝臓はアルコールをアセトアルデヒドに分解し、それを酢酸と水にかえて無毒化していきます。ただし お酒の量が多く体内に入ると、アセトアルデヒドの量が血中に多くなり悪酔いしたり二日酔いの状態となってしまうのです。

二日酔いの治す方法、対処法は冷たい水をたくさん飲むことです。水を飲むことで血中のアセトアルデヒドの濃度を薄めます。そして尿といっしょに体外に排出させるので回復も早く なります。

二日酔い防止に効く食べ物

昔から二日酔いに効く食べ物として「柿」があります。甘柿は悪酔い防止にもなるといわれるのでお酒を飲む前に食べておくといいでしょう。

二日酔いには味噌汁がよい、と聞きますが、 「しじみ」の味噌汁のほうが、より二日酔い解消できます。しじみはタンパク質のほかにカルシウムや鉄分、ビタミンを含んでおり肝臓の働きを助けます。

身近にある飲み物は牛乳が最適です。二日酔いのときは胃や肝臓が弱っています。こんなときは水分補給とタンパク質の多い食べ物がよいのですが、この条件に合ってるのが牛乳です。人肌くらいに温めてコップ1〜2杯飲むと肝臓の回復を早めることができるようです。

二日酔い防止のコツ

二日酔いにならないよう自分にあった飲み方を身につけることも大切です。二日酔いの対策には楽しくゆっくり飲むこと。急ピッチで飲むと血液中のアルコールの濃度が急に高くなるし一人酒はついつい量が増えてしまうものです。

お酒を飲むときは食事を摂りながら飲みましょう。空腹状態で飲むとアルコールが吸収しやすいため、悪酔い予防にはタンパク質が 豊富なつまみや食事(焼き鳥、刺身、湯豆腐、あさりの酒蒸しなど)を食べながら飲みましょう。
  飲みながら健康法

お酒の適量は一般には1単位までとされています。1単位とはビール大瓶1本、日本酒1合で、女性はその半分量といわれています。肝臓がアルコールを分解するためには2単位のお酒を飲んだら6時間かかるそうです。翌日の二日酔い防止には夜中の12時以降はお酒を飲まないようにしましょう。

スポンサードリンク