筋緊張性頭痛の対処法

筋緊張性頭痛の対処法

筋緊張性頭痛(緊張型頭痛)とは筋肉に原因のある慢性的な頭痛です。

 

頭痛はもっともありふれた症状で、原因となる 病気もさまざまです。

 

頭痛は原因が脳にある場合や筋肉や神経にある場合もあり、重大な病気の危険性もありますが ほとんどが生命の危険をともなわない慢性的な頭痛です。

 

筋緊張性頭痛はその代表的なものです。

 

スポンサードリンク

 

筋緊張性頭痛の原因
ストレスや悪い姿勢が原因で、肩や首の筋肉の緊張が長く続き、血流が悪くなって筋肉が凝り頭痛を生じます。

 

一般には筋緊張性頭痛はストレス、疲労、頭部外傷などが原因となりますが心理的な要素も多く危険はありませんが 治りにくい場合もあります。

 

筋緊張性頭痛の症状と対処法

筋緊張性頭痛の症状
筋緊張性頭痛は後頭部から首筋にかけて、またこみかみがギューと締めつけられるような圧迫痛があります。

 

頭全体が重く鈍い痛みなのが特徴です。 また肩こりを同時に生じる人も多いようです。

 

筋緊張性頭痛はだらだらと、ずっと頭が痛いといった状態が毎日続き、頭痛の持続時間は30分程度のこともあれば 一週間続くこともあります。

 

またよく眠れた朝は痛みは軽く午後から夕方にかけて疲労によって強くなる傾向があります。

 

筋緊張性頭痛の対処法
筋緊張性頭痛の対策として効果的なのは入浴です。お風呂に入って肩から首の筋肉を温めことで血行をよくして凝りや緊張をほぐします。

 

筋肉が凝っているので無理をしない程度にマッサージやストレッチを行なうといいでしょう。同じ姿勢を長時間続けない、目を酷使しない、そして休養や睡眠を十分にとることも大切です。

 

治療としては、鎮痛薬だけでなく筋肉の緊張をほぐしたり、精神的な緊張を和らげる薬の服用が有効ですので診察の際には自覚症状を明確につたえることが大切です。

 

スポンサードリンク

 

 



TOP 片頭痛の対処法