片頭痛の症状と対処法について

片頭痛の対処法についての情報です。

 

片頭痛の原因は疲労やストレスによって頭の血管が拡張し、血液の流れが増えるために痛みが起こるものです。

 

したがって片頭痛の対処法は頭を冷やすことです。冷たいタオルや冷却シートを痛む場所に当ててやると楽になります。

 

温かいお風呂に入る、というのは逆効果なので注意してください。温めるのは首や肩こりからくる緊張性の頭痛のときで、片頭痛の痛みには冷やします。

 

スポンサードリンク

 

さらに片頭痛の痛みを軽くする方法として、部屋を暗くして横になって安静にしてください。もし外出先であったら人込みや明るい場所、にぎやかな場所は避けて休憩をとりましょう。軽い症状だと少しすれば治まってきます。市販薬の鎮痛剤も痛みが軽いうちは有効なので早めに飲んで安静にします。

 

 

片頭痛の症状はこめかみから目のあたりを脈うつようにズッキンズッキンという激痛が襲います。発作は頭の片側だけでなく両側に起こることもあり、吐き気や嘔吐、めまいを伴うこともあります。

 

片頭痛の症状が男性よりも女性に多いのは女性ホルモンの影響も考えられています。頭痛と聞けば軽く捉えがちですが発作がおこると寝込んでしまうなど日常生活に影響がおよぶため片頭痛で悩む方も多いようです。

 

 

片頭痛には前兆症状があります。偏頭痛発作の前に目の前にキラキラと閃光が現れたり手足のしびれが起こることがあります。月に一回から週に一回の割合で片頭痛は繰り返しおこるのが特徴です。

 

片頭痛の痛みの対処には先ほど記述したように患部をを冷やす、安静にすることですが、日常的な予防では発作を起こしやすい食べ物といわれる、チョコレート、チーズ、赤ワインなどは控えるようにしましょう。

 

睡眠不足、また眠り過ぎもよくありません。ストレスをなくし規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

片頭痛の治療薬

片頭痛は専門医を受診しましょう。 病院で処方される痛みの強い片頭痛の治療薬ではトリプタン系の薬(イミグラン、ゾーミッグなど)が効果があるといわれています。これらの薬は拡張した血管を収縮させる作用があります。

 

頭痛薬は痛みが軽いうちでないとあまり効果がなかったのに対し、トリプタン系の薬は強い痛みにも対処できるため片頭痛の特効薬とも注目されています。

 

トリプタンは緊張型頭痛には効かないので、もし服用しても効き目がない場合にはもう一度病院で診てもらいましょう。

 

片頭痛が週に何度も起こるような場合には薬の乱用を避けるためにも発作の起こる前に服用する予防薬を用いることもあります。

 

スポンサードリンク


TOP 片頭痛の対処法