小学校入学準備 通学時に必要なものを揃える

入学準備 通学時に必要なものを揃える

小学校への入学が決まったら通学に必要なものを揃えていきます。

 

どんなものをいつまでに準備すればよいのかは、入学前説明会で説明があります。

 

持ち物には全て名前入れが必要になり、その作業は思った以上に大変です。ランドセルや基本的な筆記道具一式などは早めに準備しておきましょう。

 

 

ランドセル

定番の赤、黒以外に最近はピンクやブルーなど色も多彩になりました。デザインや重さ、丈夫さ、使いやすさなどを考慮しながら選びます。

 

文房具

鉛筆、ノート、消しゴム、鉛筆削り、下敷き、筆箱などの基本的な筆記用具は、キャラクター物も多いので学校で規定がなければ子どもの好みのものを選んであげたいですね。

 

そのほかにも定規やコンパス、色鉛筆などは学校の指示があったときに購入すれば良いでしょう。

 

通学時の帽子

小学1年生の帽子といえば黄色い帽子ですね。安全面を考えられたよく目立つ色の帽子です。指定のものがある小学校もあるので、その場合は指定に合わせて購入します

 

通学服と靴

指定のない場合は動きやすいものを選びます。通学服は、教室の中と外で温度の調節ができるように上着も準備しておきましょう。

 

靴は低学年では履きやすさを重視します。子どもの足はすぐに成長するからと大きめのサイズを選ぶ方もいますが、動きにくく転びやすいため、靴は成長に合わせて買い替えていくようにしましょう。

 

雨具

傘またはレインコート、長靴
傘もキャラクターものや可愛いデザインのものが人気です。身体のサイズに合った大きさのものを選びましょう。

 

レインコートを選ぶ場合はランドセルを背負ったまま着るタイプを選びましょう。色はよく目立つほうが帽子と同様防犯にも役立ちます。

 

上履き、上履き袋

学校指定のものがある場合が多いので購入の際はそれに従って準備します。

 

体操服、体操服袋、紅白帽、水着

学校指定の場合が多いです。購入方法は入学説明会のときに説明があります。体操服の指定がない場合は動きやすいTシャツ、短パンなどを用意します

 

レッスンバッグ

ランドセルに入りきらない道具を入れたり、持ち帰ったりする場合のレッスンバッグを用意しておくと良いです。お子様の好きなキャラクターものが人気のアイテムです。

 

防犯ブザー

最近は学校などで支給されることが多くなっています。そうでない場合でも防犯ブザーはぜひ用意しておいてください。

 

 

他にも、図工道具や絵の具、鍵盤ハーモニカ、リコーダーなどの楽器類、裁縫セット、書道セットなどが必要になってきます。

 

これらの購入時期は入学後に学校から指示があってから購入します。

 

兄弟がいてお古がある場合もあるかもしれません。小学校に入学した際の喜びや期待感を思えば新しく準備するほうがいいと思います。

 

 

スポンサードリンク