簡単!勉強のやる気を出す方法

簡単!勉強のやる気を出す方法

勉強をしなくては、でもなかなかやる気が出ない・・

 

こんな悩みは子どもの時代だけではありません。

 

中学生や高校生では受験があるし、
大人になっても資格勉強などがあったりして、勉強のやる気が出ないなんて悩まなければいけません。

 

でも、実は簡単な「勉強のやる気を出す方法」があるのです。

 

やり方は「身体を動かすこと」です。

 

勉強は長い時間同じ体勢で座っていますね。根詰めて取り組もうとすれば身体も凝り固まり血行も滞ってしまいがちです。

 

軽い運動はリフレッシュだけでなく、筋肉をほぐして血液の流れを良くしてくれるので脳もリフレッシュされて頭も回転しやすくなります。

 

短い時間でも良いので、軽くジョギングしたりストレッチやヨガなどをしてみましょう。

 

もっと簡単な方法は「手を動かすこと」です。手をぶらぶらさせる、上げ下げさせる、時間が取れないときはこれだけでも脳の神経に刺激を与えることができます。

 

運動のほかにも、皿洗いなどの家事をしたり、部屋や机の上を掃除をすることは、勉強のやる気を出すのに効果的な方法です。

 

単純作業を短時間に集中して行うと頭の中がリフレッシュされます。目の前のものが片付いて綺麗になっていく達成感もあるのでやる気が自然と芽生えてくるのです。

 

やる気を出す、というと根性というか気持ちの問題のように思われますが、気持ちで頑張ろうとしても頭がぼんやりしていては記憶力だって低下してしまいます。身体を動かして脳に刺激を与えて気分もリフレッシュするのです。

 

興味のない勉強は誰でもしたくないものです。それでもしなくてはいけないジレンマもあります。頭の中で、あれもこれもと根を詰めてしまってはせっかくやる気が出ても長続きはしないものです。

 

やる気を出すきっかけは簡単なものですが、長続きさせるには気持ちの切り替えも必要です。好きな音楽を聴いたり、勉強とはまったく関係のない趣味に取り組んでみるのもいいでしょう。

 

勉強ばかりだとやる気どころか嫌気が差してくるものです。勉強に負担がかからない程度に切り替えの時間を確保してみてください。

 

 

スポンサードリンク