高校受験対策 長期休暇の過ごし方

高校受験対策 長期休暇の過ごし方

高校受験対策の中でも夏休みや冬休みなどの長期休暇をどう過ごすかはとても重要です。

 

受験生ですから勉強時間を多く取る必要がありますし、学習塾に通ったり、部活や家族との予定もあるかもしれません。

 

長期休暇ですから、ついつい勉強を後回しにしていると肝心な受験勉強ができないまま休みが過ぎていってしまいます。

 

長期休暇が始まる前に勉強時間はどのくらい取れるかしっかりと計画を立てることが大切です。

 

最初に「5時間勉強する」と決めたなら数日続けて、もっと増やしても大丈夫なら増やしましょう。高校受験対策で大切なのは勉強を習慣化することです。

 

高校受験を意識する中学生になったときには、宿題がない日であっても毎日勉強を続けていくことが習慣になっているほうが絶対に有利なのです。

 

テスト前になって慌てて勉強するという人は長期休暇の間に習慣化できるよう意識して過ごしましょう。そして長期休暇ではなるべく多くの勉強時間を確保してやり遂げることが重要です。

 

夏休みの過ごし方ですが、中学一年、二年はわからない箇所がないよう復習しながら進めていくことが大切です。

 

復習が済んだら二学期、三学期の予習をしていくことも大事です。学習塾に通ってる人たちはどんどん先を学習しています。もし独自で受験勉強をしているのなら復習だけでなく予習もきっちりとやっていきましょう。

 

三年生は本格的な受験勉強の時期に突入していきますので、一、二年生の復習、三年の今までの復習を、わからない箇所のないように勉強をしていきます。

 

類似問題をたくさん解いていくこと、各教科の問題集を一冊繰り返し解くことで理解も深まるので頑張っていきましょう。

 

中学三年生の冬休みは苦手な教科を中心に勉強していきます。あとは年表などの暗記ものを確実にしていきたいですね。できれば希望校の過去問題もできるだけ多く解くようにします。

 

冬休みにはクリスマスやお正月など家族の大切なイベントもありますが、中学三年生にとっては受験勉強を優先にしていきましょう。

 

 

スポンサードリンク