英語ノートの書き方

英語ノートの書き方について

英語,ノート,書き方,取り方,まとめ方,方法,勉強,仕方,作り方

英語ノートの書き方、作り方で悩んでいる人は多いようです。

 

英語は苦手意識が高まると勉強法もわからなくなってくるので、早めに自分のやり方を確立した英語ノートを作っていくことをおすすめします。

 

英語ノートの書き方の基本は、左側のページに本文、右側のページが訳文です。本文は丸写しでも良いし、コピーして貼り付けてもかまいません。

 

丸写しは時間がもったいないという 意見もありますが、手書きしながらどの単語がわからないかチェックもできるし、だいたいの意味を把握しながら進めていけます。本文を手書きするときは一行ごとに行を開けましょう。

 

英語ノートの書き方は「英語の勉強の仕方」ともいえますので、やり方次第で成績も上がるものです。 予習の段階で教科書、もしくはノートの本文にわからない単語、熟語は辞書で調べて書き込みます。

 

意味だけでなく発音記号も書いておくといいです。読めない場合はカナを付けておくといいですね。文法などわからないところはチェックしておくこと。授業ではその点に集中して英語ノートに記入していきます。

 

右側の日本語訳は直訳でもよいので文法や構文にそって自分なりの訳を書いておく。この場合も一行ごとに行を開けて書いていき、左の訳文に対応させていきます。授業中に自分の訳が間違っている箇所は下の開いているスペースに書き込んでいきます。

 

分かりやすく色分けしてもいいです。色分けはマーカー、赤ペン、青ペンなどありますが、 熟語や構文など、使う色をきちんと分けて整理しておくと見やすいです。テスト勉強のときには英語ノートの左側をみて日本語にしていき、右をみて英文にしていきます。

 

スポンサードリンク

 

英語の勉強方法ですが、まず予習の段階でこの英語ノートを作ります。

 

そして、新単語、忘れてしまってる 単語は線を引いて、辞書で調べる。意味、発音記号もノートに書いておく。

 

単語、熟語は予習の段階で完全に暗記しておく。授業中にわからなかった箇所をチェック。復習の段階で 文章は丸暗記します。覚えるときは何度も書いて覚える、これが大切です。

 

暗記は頭だけではなかなかできません、手と同時に覚えるもので、極端な話、頭で思い出せなくても 書いてるうちに思い出すことがあるからです。

 

丸暗記の覚え方を無駄だという人がいます。覚えるべき構文だけでよいと。もちろん、勉強法はいろいろあるわけで、自分の やり方を見つけていけばいいわけです。

 

それがわからないというなら、まず教科書の本文を暗記してみてはいかがでしょう。中学時代の英語、もうさっぱりお手上げの状態でも、単語と 本文の丸暗記だけで、かなりの得点がとれるところまでいけます。

 

暗記を続けるうちに、覚えるのも早くなっていきます。一度しっかり覚えると、テスト前は半分くらいの力で 覚えていけます。

 

英語のノートの書き方、まとめ方が自分なりに工夫しながらできるようになると、どの授業にも応用できるようになります。

 

ノートが自慢で嬉しくなってきてもっとわかりやすいように作っていけるようになったら、美しいと感じるようになったら、成績はぐんぐんと伸びるかも。東大生のノートって美しいって知ってましたか?



東大合格生のノートはどうして美しいのか?